なかなか前途多難

今日から長女の在宅生活。連れ合いが終日実家の片付けに行っているので、長女の介護。永久気管孔になったので、”息む”力が弱くなっている。一方で食事は写真のように徐々に固くなっていくわけで、出る方がうまく出せず、終日息み続けてしんどそうである。これまでは点滴や流動食だったので、そちらの方も水のようなもので問題はなかったのだが、なかなか実際の生活となると課題が色々と出てくる。ただ自宅での生活には慣れてきたようで、今日は寝返りを試みる(こちらも力はまだ入らないので、以前のようにごろんごろんができず、ストレスがたまるよう)。訪問で来られる看護やリハの専門職のアドバイスをもらいながらのこれからの在宅生活となる。ただ色々あっても、やはり病院暮らしよりは遙かにいい。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック