テーマ:大学

入試会議

今日は会議日(自分が事務局のものはオンラインにしてもらったが、他は対面)。午後一番は入試会議。明後日土曜日から一般入試が始まる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業論文作成に向けて

さて今日で後期授業日は終了、補講日を経て期末テスト週間となる。大阪にも「まん防」が発令されるということで、かなりリスキーな日々が続くこととなる。今週で現2回生のゼミ選びの研究室訪問も終わり、現3回生ゼミも次年度は卒論への本格的シフトとなる。こういうルーブリック的な形で進めようとはしているのだが。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年度の授業終了

今日で今年度の授業終了。色々と登校できない学生もいて、今日はリアルタイムオンラインでそれなりの履修生も教室と合わせての参加。明日からは期末試験となる。最期に講義科目については、こういう形で半年間の授業についての意見をもらう。授業評価アンケートが公式にはあるが、それとは別に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演習授業は終了

金曜日は演習授業が3つ。今日で今年度の演習授業3つは終了。来週は講義科目。金曜日の科目はすべてレポート等による成績評価なので、後は月曜日の大講義科目の最終授業と期末試験を残すのみとなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期末試験作成?

期末試験作成・コピー・提出の依頼が教務から来たけれど、本当に期末試験(2週間後)やるのかなあ。まだこのコロナ禍の状況では不透明な気がしている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休みなしで授業

昨日の大学入試共通テストを終えて、休み無く1限からの授業。朝のラッシュもこのコロナの状況にもかかわらず変わらず。授業も通常通りの対面。仕事は基本リモートに、授業も講義科目はリアルタイムオンラインでやればいいと思うのだけれど。さて再来週からの期末試験はできるのであろうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ選択

ゼミ選択のための研究室訪問の時期だが、数人来ただけ。動きが遅いのか人気がないのか解らないが、今年も定員割れかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ研究室訪問期間中

一昨日から現2回生の3回生以降のゼミ選びが開始。まずは配布された各ゼミ紹介冊子をもとに1月中に研究室訪問をして、希望ゼミを書式に提出することとなる。最近は希望者が少ないので。とりあえずの研究室訪問を待つことに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年最初のゼミ

今日は終日授業。金曜日の授業は後2回。4回生の卒論発表会も今日で終了。卒業に関しては大丈夫だろうが、国家試験の方を何とか後一ヶ月粘って勉強してほしいところ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初出勤

今日から出勤。朝一番は学校法人の新年互例会に出席。その後は研究室で仕事かつ、担当学生対応。いきなりのフル稼働となる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事開始

正月三が日が終わり、今日から通常モード。長女も訪問看護・訪問介護で入浴。一気に期末に向けての授業となるが、少し空いただけなのに感覚が鈍る。期末レポートとなっている科目はWEBで問題はないが、さて試験を実施する科目はコロナ拡大でどうなることやら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゼミ募集ほか

年内授業は昨日で終了だが、学内会議等諸々あって出勤。年明け以降の雑務も山積。次年度のゼミ募集の方も年明け早々に開始となる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伝票

年内授業は終わったけれど、まだ未着手の原稿はそれとして、学内の諸々のことが多い。とりわけ事務手続きについては大学という所は煩雑。伝票処理なども含まれるけれど、私が20代で企業に入りたての頃の書式。何だか時が止まったようで、無駄な仕事だらけを象徴しているよう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年内授業終了

個別指導や会議等は続くけれど、年内の授業は終了。年明けに後2回、すべての科目で残っている。さて、1月中旬からは第6波でどうなっていることやら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論全員完成・提出

今日も会議の合間に格闘したが(会議中も実は内職)、何とか最期のひとりも完成し、締切期限前日に7名ゼミ生全員が卒論完成、教務課への提出完了も確認。あー、しんどかった。来週からのゼミは卒論報告会となる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の一人で難航

ゼミ生の卒論、締切は明後日。昨日一人が完成したので、残りは一人。しかし難航。昨夜から今日の昼過ぎまで、今日もほぼ徹夜で対応。ゼミ生の中で唯一、全くの専門外なので、この2,3日でひたすら関連する書籍(購入してリアルタイムで読めるKindleはありがたい)や論文(PDF化されて公開されているもの)を集中して読みまくり、自分でも構成も含めて卒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだまだ卒論

昨日から今日にまたがり、深夜1時頃に1名完成。これで残り2名。その内の1名の卒論を朝9時まで。構成から根本的に入れ換えることに。ただ、パーツパーツは出来ているので、それらを新たに作成し直した構成に当てはめ直す作業。必然的に、論文の問いも変わってくる。構成の作り直しはかなりこちらがアドバイス。いずれにしても、書きかけの論文を直すのは大変で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論提出期間突入

今日から金曜日までが卒論提出期間。まだまだ授業以外の空き時間は卒論格闘中。本格的に介入。さて、どうなることか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論校正

今日は自宅で、長女のケアをしながら、ひたすら卒論の校正。授業の一貫の卒論なので、アドバイスや考え方の確認などもしながら進めていく。まあ自分が全部書いた方が早いのは明らかではあるのだが。。もう一踏ん張り。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論追い込み

授業以外は、個人面談と卒論個別指導に追われる。後一息まで来た。この土日にフル回転で、来週月曜日からの提出に間に合わせたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論作成光が見える

授業の合間にひたすら卒論個別指導。Googleドライブで共同編集しながら、LINEでアドバイス。先ほどで2名完成。後は、3人。一時はどうなるかと思えた卒論も、何とか光が見えてきた。一応、今日がゼミ内期限。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教授会報告

今日は終日会議、隙間時間にはひたすら卒論個別添削。夜中は長女が何度も起きた(ベッドの上を叩いて音を立てて起こす合図をする)ので、相当くたびれ気味。教授会もあったので、そちらでは私から「中退状況」「2021年度入学生の1年次前期終了時点のGPA分析」を報告。会議での反応はなかったが、口頭では色々と発言したので何からの反応があってくれればい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論スクランブル

卒論提出期限が迫ってきて、昨夜もほぼ徹夜で個別対応。2名のメドはついたが、残りはまだまだ。かなり焦ってきている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論指導

授業の合間は卒論添削。まだ添削の域にまで至っていないものも多いが。一体今まで何を授業でやってきたのかと、引用や注の書き方などを中心にいちからの指導となる。残り2週間あまり。今年はかなり心配。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入試業務

今日は朝一番から入試業務で出勤。朝は寒いけれど、昼になると暖かくなる。これからは共通テストも含め、入試業務のシーズンとなる。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個別面談

授業に加えて、今日からゼミ学生との個別面談開始。3回生に対しては、進路についてと卒論のテーマについて等々。授業で大学に来ている学生とは対面、授業がないのにわざわざ面談のために通学というのはリスキーなので、その場合はWEBでと使い分けている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入試シーズン到来

終日会議。秋の入試シーズン到来ということで、色々と忙しくなる。ここ最近の流れではおそらく年内で勝負がつくということになるだろう。つまり、従来のような年明け一般で勝負という時代では全体的になくなってきているということ。この影響はかなり大きく、先手をどれだけ打っているかで、学生募集における成功失敗の格差は広がるであろう(必ずしも有名大学が戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒論指導

土日も大詰めのゼミ卒論指導。期限まで残り1ヶ月を切って、今年は例年になくハラハラ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PREP法

4回生の卒論がなかなか進まない。昨年度までが順調すぎたせいで、こちらが油断していたのかも知れないが。ということもあり、3回生に対しても、論理的に話す・書くトレーニングをする必要を痛感し、この書籍を使っているわけではないが、PREP法を紹介して、プレゼンや発表資料に活かすように導入。結論ということは、自分で決めるということなので、まず自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more