自力呼吸回復・カニューレなしになった・・と思ったら

午前中に一番心配だった全身麻酔後の自力呼吸復活(人工呼吸器離脱)もでき、カニューレもとれた。今後は、手術の傷が癒えるのを待ちつつ、(声を失った代わりに可能性を獲得した)口から食べる訓練をSTさんと行っていくことに。で明日には一般病棟へ移動ということだったが、昼食中にいきなり一般病棟へ急きょ移動と携帯に連絡あり、病棟に戻って待機。帰ってきたら、大変な苦しみよう。鎮静剤も全て抜かれて目が覚めればベッドに縛られたまま、どこに連れて行かれるかわからない(それはパニクる)。いきなりの一般病棟で受け入れ体制が整っていず、アタフタ状態。手術を終えた主治医がやっと来て、カニューレ再装着(カフなし)、鎮静剤投与再開の指示。しかし、結局鎮静剤の投与再開は病棟に戻ってから5時間後。結局、本人が状況がわからずパニックに陥り、「身体に力が入り気道が狭くなっている(主治医の診断)」のが原因と私は思う。ICUが優先順位で出すのは仕方ないが、きちんと本人に説明したとは思えない。知的障害者は何もわからないという意識からきたことだと思う。しっかり伝えればパニックにはならなかったはず。

なお、本日行って義父の葬儀(私のみ病室で参列出来ず)は無事終わる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック