徳仁天皇

元号が変わった所で何かがリセットされるわけではないのだが、徳仁親王が今上天皇となったことはやはり同世代の人間として感慨深い。明仁上皇と私の父は同い年であるし、今上天皇は私の1歳上ということになる。当時の子どもには多かったようだが(周りにも何人もいる)、私の名前に「浩」が入っているのは、浩宮徳仁(幼少期には浩宮と一般には呼ばれていたと思う)の「浩」から一字もらったものらしい。その後の歩みや生活スタイルにも共通するものを感じさせられる。気持ちは若い感覚のままなのだけれど、そういう年齢になったのだと言うことを感じさせられる。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック