ゆきゆきて神軍

若い頃、劇場で見た記憶があるのだけど、DVDになっているのを発見(レンタルはなかった)して購入、改めて見る。もうこのドキュメンタリーの主人公になっている奥崎謙三も亡くなっているのか。監督の原一男氏は「さようならCP」の監督でもある。奥崎謙三には共感できないが、生っちょろい戦争映画よりもはるかに戦争の本質を生の元兵士の声を通して明らかにしている。戦争法案が国会に出てる今こそ見るべき映画。
画像
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック