アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「福祉」のブログ記事

みんなの「福祉」ブログ


生活困窮者支援

2017/06/25 11:43
長女は落ち着いてきた。昨日と今日は連れ合いが近大で開催の「日本遺伝カウンセリング学会」に出席のため、昨日に続いて長女の看病。さて、先月出たこちらの本を読む。亡くなられた岩間さんが編著者の1人として書かれており、追悼の言葉も最後に書かれている。内容的にはその通り。家族の諸々の事柄を一旦受け止める総合相談窓口の必要性は家族福祉の文脈でずっと主張してきたことだし、制度の隙間問題や家族における問題の多層化は当事者としても感じてきたこと。ただ、感想としては、改めて日本もWelfareからWorkfareへと転換するんだということと、社会保険制度と生活保護制度の間を埋める第2のセーフティーネットと言われると、では第1と第3のネットはこのままでよいのか、すべてをセットにどういう社会を目指すのか?という所でひっかかってしまう。結局社会福祉の補充性とか代替性の議論に戻るのだけれど。

画像



https://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%9B%B0%E7%AA%AE%E8%80%85%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%A7%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-%E4%BA%94%E7%9F%B3-%E6%95%AC%E8%B7%AF/dp/4589038447/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1498358671&sr=8-1&keywords=%E7%94%9F%E6%B4%BB%E5%9B%B0%E7%AA%AE%E8%80%85%E6%94%AF%E6%8F%B4
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原稿執筆完了・送信

2017/06/19 14:04
土日が仕事で休みなく、月曜日に突入。1限からの授業は辛い。5限まで授業があるので(18時まで)、体力的にはしんどい。1年かけて少しづつ執筆していた論文、授業の合間時間の3限(13:00-14:30)で最終チェック完了。やっとこさ、原稿執筆完了して送信。色々とチェックが入って修正作業もあろうけど、抱えていた大きなものが一つ下ろせた。学内的な学修システム整備のことも絵を描いていかないといけないけど、すぐに次の論文の資料収集にも手を付けないといかない。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ハンセン病(探検バクモン)

2017/06/12 19:12
体調がすぐれない中、今日は終日授業。今日の1回生向け授業では、こちらの「探検バクモン」を見てもらって、ハンセン病を取り上げる。それを通して、ノーマライゼーションやら自立といった意味をもう一度、考え直すという組み立て。振り返りのレポートでは、ハンセン病という名前は知っているけれど、それ以上のことは知らなかったという学生さんが大半で、やはり取り上げて良かったと実感。ライ予防法が1996年まで続いていたということが、自分達の生まれる2年前まであったんだということで、とても重く受け止め、色々と考えるきっかけになったようだった。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


論文の執筆

2017/06/06 16:08
論文の締め切りが迫ってきたので、今日は授業以外はひたすら論文執筆。とりあえず、内容は別として字数的には最後まで書き上げる。これからプリントアウトして、赤で直しながらのブラッシュアップと、引用や参考文献などの整理。期限に追われるのは性に合わないので、早く終わらせたい。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


エキスポシティの観覧車

2017/06/04 20:42
無事に長女はショートステイ先の施設から帰宅。さて、こちらの写真は体調を崩す前、生活介護事業所から連れて行ってもらったエキスポシティ。シースルーで有名な観覧車に支援員さんと乗る。私は高所恐怖症なので、シースルーどころか観覧車にも乗れない。なので、長女にとっては初めての経験。ほかにもいくつか写真を撮ってもらっていて、乗る前は緊張していたようだけれど、基本的にこの手のものは好きそうな感じがするので、機嫌良く乗っていたとのこと。家族ではできない経験を、社会の中でどんどん積んでもらって、親から早く離れて地域で暮らしていってほしい。残念ながら、そうした環境づくりは、親ががんばらないといけない現状ではあるが。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ショートステイ先の施設まで

2017/06/03 16:54
今夜は長女がショートステイでお泊まり。送迎サービスがないので、施設まで介護タクシーで送って行く。長女の泊まる障害者施設、併設の子どもの施設は実習先だし、実習巡回でなくここに来ているのは不思議ではある。高齢者の施
画像
設の方は卒業生が何人も就職してるし。といっていると、以前からの知り合いの子どもの施設の施設長にばったり出会う。どうされたんですか?いやショートに子どもを送って来まして、という話しを。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


発達障害のある子の家族支援

2017/05/29 19:22
昨日が仕事でフル稼働だっただけに、今日の1限から5限までの授業はさすがにきつい。でも、しゃべるにつれて元気になっていくのも職業病。さて、家族支援が自分のテーマではあるのだけれど、どちらかというと介護者支援の文脈でやってきたので、時間の隙間を見つけて、改めてこのあたりを勉強中。
画像
大学院では心理系の院生が応用行動分析が専門の指導教官について修論を書くケースが多く、そうした院生の副査を社会福祉の立場でやることが多かったので、なじみの話しではあるのだけれど、家族支援となると、また若干違った文脈になる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


理事会・評議員会ラッシュ

2017/05/26 13:31
この時期は前年度の決算が終わり、その承認のための理事会・評議員会が開かれる時期。勤務先の法人は昨日開催のようだったけれど、今日は授業終了後に地元の社会福祉法人の理事会・評議員会に駆けつける予定。今日のように夜に開催だと仕事とのやりくりはつくのだけれど、一般的には平日の昼間ということが多いので、なかなか仕事との調整が大変。勤務先の法人に関しては、理事でも
画像
評議員でももちろんないので、こちらは関係ないのだけれど、立場が変わって、これまでは教授会を軸にタスクの工程管理を考えていたのだけれど、理事会を軸に考えないといけないことを痛感している。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原稿執筆

2017/05/15 13:36
今日も1,4,5限と授業。色々と学内の仕事でドタバタしていたら、いつの間にか頼まれ原稿の期限が迫ってきていた。資料の読み込みは終わっているので、急いでアウトラインを作って、資料の落とし込みへと。30分程度の空き時間を繋げてやっていくしかない。
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「地域包括ケアと福祉改革」

2017/05/10 12:42
今日は時間が取れたので、
画像
この3月に出た二木先生のこちらの本を読む。今後の社会保障施策や社会福祉士などの今後の養成教育のあり方など勉強になった。今年1月の東京での会議でご一緒だったが、ますますお元気であった。論理的で明快な論述はお手本でもあるし、「リアリズムを欠いたヒューマニズムは研究の敵」という年来の主張も重要。しかし、本書の最後に書かれてある「研究と大学の管理業務は両立しうる」ことの論証は、自分の今置かれている状況の参考にはなるけれど、とても真似できそうにない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
ヘルパーさんによる入浴
ヘルパーさんによる入浴 今日も長女と留守番。一昨日・昨日のお出かけで疲れ気味のようなので、終日自宅で休憩。しかし、家の中も暑い。17時からはヘルパーさんによる入浴なので、その準備。部屋から走行リフトで浴槽まで一直線。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/05 16:40
高槻ジャズストリート
高槻ジャズストリート 今日は高槻ジャズストリートへ。長女はガイヘルさんと関大キャンパス会場へ。私は別行動。こちらは高槻一中会場。ここ10年は子どもたちが演奏で出演していたが、一番下の子が高校を卒業したので、子どもの演奏を聴かないジャズストに。去年は佐藤竹善だったけど、今年は南佳孝。毎年大物出演者。飲食出展コーナーでは地元障害者施設が出展、花の会のおからかりんとうと、北摂杉の子会のコロッケを購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/04 13:11
NHK「地域魅力化ドキュメント ふるさとグングン!」の放映
NHK「地域魅力化ドキュメント ふるさとグングン!」の放映 本日NHKで放映された「地域魅力化ドキュメント ふるさとグングン!ひとりぼっちのいない町 大阪府高槻市富田地区」。ここに至る、そして現在進行形で活動されている皆さんのご努力をあらためて実感させられるととも(地元なので知った人ばっかり出てくる)に、富田小学校(障がいのある長女はこの小学校に設置の「高槻市重度障害児童生徒サポート教室」にも通った)→赤大路小学校(新設で6年生だけ・1期生)→高槻四中、かつ高槻四中で教育実習をした地元の人間としても、自分の立場でお手伝いできることは何でもさせていただきた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/30 17:24
「親の依存症によって傷ついている子どもたち」
「親の依存症によって傷ついている子どもたち」 会議、学生さん面談、授業、の合間に最近出版されたこちらの本を読む。目の前で起きている様々な事象は、事象自体が問題ではなく、家族の中で育ってきたプロセスに様々な事柄によって起因している場合が多いことを実感させられている。「問題行動」「問題家族」というアプローチの前に、幼い子どもの時への早期の対応、「問題」に焦点を当てるのではない、ストレングスモデルへの転換の重要性を、改めて再認識させられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/25 11:58
論文執筆inputからoutputへ
論文執筆inputからoutputへ 新入生宿泊オリエンテーション明けの月曜日。1,4,5限と授業。ここ最近は学内の様々なことに関わる仕事がメインとなっていて、次いで授業、学生さん個別指導・支援。そうした合間に細々と資料収集と読み込み。一応inputが終わったので、これから、これも細々と期限目指してoutput作業にかかる。まだまだ論文という形にするまでの道のりは遠い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/24 12:11
医療・福祉の資格養成課程の一部共通化
医療・福祉の資格養成課程の一部共通化 昨日は休憩に当てたので、今日は自宅で仕事。先日報道された、医療・福祉の資格養成課程の一部共通化(2021年−)。そもそも昨年5月に経済財政諮問会議に出ていたもの。地域包括ケアシステムと一体のなったもので、様々な問題をはらむものであるとともに、そもそも机上の論の感が強く、本当に実効性があるのか、現実感覚として?が頭の中をかけめぐる。しかし、今回提示された12の国家資格のうち、7資格を現在、養成しているわけで(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士、理学療法士、言語聴覚士、視能訓練士)、現実... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/23 17:43
福祉の哲学とは何か
福祉の哲学とは何か 今日も新入生のガイダンス。昨日は大学全体でのガイダンスだったけれど、今日は学科別のガイダンス。私は所属の社会福祉学科のガイダンスに出席。大学は高校と違って自分で科目を選択して履修するとは言われるけれど、厚労省管轄の国家試験受験資格を目指すことになるので、そのための厚労省指定規則の必修科目と大学としての必修科目を入れていけば、ほとんど選択の余地はない。こちらとしても本当はつらい所。空き時間に最近でた広井先生編著のこの本を読んでいる。社会福祉分野での骨太の理論(ソーシャルワーク理論ではなく)がほとん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/05 17:14
研究と運営
研究と運営 朝、2泊3日のショートステイを終えて、長女が元気に帰ってきた。正直ホッとする。出勤して今日は時間の有効活用。会議はなし。そもそも会議などは、意志決定の場なのだから、現状の1/5にはできるはず。抵抗があっても、何が何でも進めていきたい。会議のない今日のような日が本来の姿。さて、その時間を使って、一つは研究論文のINPUT。読んでは整理して、蓄積。今月末発刊の書籍・論文までは網羅的に読み込んで、それ以降はOUTPUTへ。もう一つは大学の運営業務というか、マネジメントや教育社会学的な勉強のたぐい。仕事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/21 16:37
社会福祉士・精神保健福祉士合格発表
社会福祉士・精神保健福祉士合格発表 ドタバタの一日だけど、14時に社会福祉士・精神保健福祉士の合格発表。私のゼミ生は、社会福祉士=6名受験で3名合格、精神保健福祉士=1名受験で1名合格(社会福祉士とW合格)。大学としての現役生の合格率は48.6%(精神保健福祉士は80%)。合格発表と同時に、厚生労働省から養成校別の合格率が発表。関西圏の大学の現役生の合格率を並べてみた。ちょっと気を抜くと一気に落ちてしまうこの結果。ランキングに一喜一憂するのは本末転倒だけど、結果が学生募集に直結してしまうのもまた事実。しかし、合格率25.8%って、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/15 16:07
「富田版『子ども食堂』&『子どもたちの夕刻を支える場』立ち上げ講演会」
「富田版『子ども食堂』&『子どもたちの夕刻を支える場』立ち上げ講演会」 今日は今年度最後の入試業務。大学の方は午前中で抜けさせてもらって、午後からは地元高槻富田のタウンスペースWAKWAKさんの「富田版『子ども食堂』&『子どもたちの夕刻を支える場』立ち上げ講演会」に出席。勤務先大学の学生たちもお手伝いさせていただき、貴重な経験をさせていただいている。地元なので、色々と別のつながりのある人たちとも出会う。元同僚の講演、事務局からの報告に続いて、幸重忠孝さんによるワークショップに一メンバーとして参加。大学での大学生との関わりの中でも、もろに貧困・家庭等様々な問題に直接関... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/11 20:36
『支援困難事例と向き合う―18事例から学ぶ援助の視点と方法』
『支援困難事例と向き合う―18事例から学ぶ援助の視点と方法』 今日も会議。本来はもっと危機感を持った会議でないといけないのだけれど、「逃げ切れる」60代が大半の会議では・・。会議の合間に改めてこちらの本をじっくり読む。学術書ではないけれど、現場実践においては本当にお勧めの本。コメントできる立場ではないけれど、公聴会で聴いた博論の時の理論が根底にあって、現場での事例検討会の実践の積み上げから産まれたものと拝察。持ち歩きたいような本。本当に残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/07 14:42
当事者会
当事者会 朝から昼過ぎまで、地元の障害者施設で、昼食もはさんで当事者会のメンバーさんとの意見交換。意見交換は職員抜きで。当事者さんの課題は、職員の課題であり、施設の課題であり、福祉の課題であり、社会の課題であり、国家の課題である。残念ながら、国家は課題とは思っていないようだけれど。その後は急ぎ大学に戻り、会議。今週と来週は年度末の重要決定事項(学則改訂も含め)が控えているので、この2週間はそれなりに勝負所ではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/06 14:08
「問いからはじめる社会福祉学」
「問いからはじめる社会福祉学」 今日も終日大学、研究室で、この4月の新入生用の「学生便覧」の全体チェック、学生さんとの個別面談、公認心理師のカリキュラム調整、そしてそれらの合間にこちらの書籍を読む。入門用テキストなのだけれど、少し切り口が違う。自分も社会福祉の入門用テキストを書いているけれど、こうした現実の「リアリティ」から出発してかつ「社会福祉学」的要素も盛り込むものは珍しく、こうしたものをいつかは書きたいと思っていたところ。社会福祉士国家試験一色のテキストからある種(難しいけれども)学生さんを解放したいところでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/27 16:57
実習懇話会
実習懇話会 午前中は、学生さん対応や公認心理師関連のカリキュラム関係の仕事におわれる。午後からは、実習懇話会。各種養成課程の実習現場指導者と教員とでの懇談。私は社会福祉部会で障害分野のグループ。全体での話の後、グループに分かれて色々と議論。もう少し時間があればという感じだったけれど、いずれにしても福祉を取り巻く現状の厳しさは共通認識。これは今の政府の政策によるものだとしか言いようがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/24 20:23
「他者の理解」
「他者の理解」 今日は、来客(久しぶりに学生時代の仲間と仕事の場で再開)、学生個別相談など。合間にこちらの雑誌を読む。この中に、熊谷晋一郎さんの「強いられる他者の理解」が載っている。今、自分自身が感じていること、そして社会福祉学がどうも見逃していること、その部分をうまく表現されていて、ストンと落ちる感じがした。障害の社会モデルを前提にした上でのもう一歩先の話。「貧困、社会的排除←→地域共生、ソーシャルワーク」、そこへのひっっかかり。  「社会の問題を自らの問題として引き受けすぎてはならない、ということだ。」p... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/14 14:32
長女の同窓会
長女の同窓会 久しぶりに土曜日の休み。色々仕事が大変なこと続きだったので、今日は完全休養。長女は連れ合いが付き添いで、中学(校区校)の同窓会。24歳。当然子どももいる年代に。支援学校ではなく、校区校に通ったからこそのこうしたつながり。これから、この地域で親と離れて暮らしていくにも、大きな支えになりそう。重心でこの状態でも、やはり校区に通うということの意味を再確認させられる。成人式の時も同じことを考えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/04 15:59
ソーシャルワーク実践の価値と倫理
ソーシャルワーク実践の価値と倫理 学内は試験期間中。今日、来週の月曜日、火曜日が必修科目の山場。私は金曜日3コマ担当だけれど、いずれもレポート提出の演習科目なので試験はなし。レポートの採点、オムニバス科目の調整、会議、学内会議の資料づくりなどでぎっしり。私の試験科目は月曜日と火曜日に試験。この両日以降は採点の日々となる。空き時間1時間で、昨日送られてきた『ソーシャルワーク研究』(定期購読している)を読む。特に岩崎先生の「ソーシャルワーク実践の価値と倫理」は興味深かった。「ソーシャルワークの価値・倫理」と「一般社会で多様化する価値... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/03 16:08
社会福祉士国家試験
社会福祉士国家試験 今日は社会福祉士国家試験(精神保健福祉士は昨日に続いて)の試験日。同時に連れ合いの受験する介護福祉士国家試験の試験日でもあるので、彼女は早朝から出発。終日、家事と長女の介助。さて、社会福祉士国家試験午前の問題。学内の特訓講座で担当した科目は、「社会理論と社会システム」「現代社会と福祉」。前者では、ジニ係数、役割、ラベリング、はやったのが出た。後者では、センはやったのが出た、後は前者の方でやった人口動向が出たけど、ずっと言い続けてたように、「暗記」ではなく、近年の社会保障や社会問題の動向を日頃から... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 16:02
高槻市障害児者団体連絡協議会(高障連)の新年互例会
高槻市障害児者団体連絡協議会(高障連)の新年互例会 一日の仕事を終えて、夜は地元高槻の現代劇場で、高槻市障害児者団体連絡協議会の新年互例会に出席。市長、市議会議長、議員、行政上層部、施設関係者など、豪華メンバー。議員さんはつながりは続くけど、行政の担当者は本当にころころ変わるので、見知った人が次々いなくなっていく。また、新たな関係づくりをしないといけない。地元選出の3名の衆議院議員さん(大隈さん、辻元さん、松波さん)は、国会開会中なので秘書さん等が代理出席。辻元さんの秘書さんは、代読ではなく、自分の言葉での名スピーチだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/24 21:39
東京公務出張
東京公務出張 ちょっと私の立場では場違いな会議に参加のため、公務出張で東京へ。メインの議題は、厚労省の進める「地域共生社会実現」のシステムと、社会福祉士の次のカリキュラム改訂に関して。研究者の立場、養成校教員の立場、大学としての立場、三者からの見方が自分の中で交錯する一日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/21 19:23
2冊の書籍の間の谷
2冊の書籍の間の谷 長女は昨夜・夜中・今日と体調がすぐれず、終日長女の見守り。初詣はまだ実現せず。見守りつつ、最近出版されたこの2冊の書籍を読む。それぞれ、社会福祉に関する書籍ではあるし、それぞれの趣旨もよくわかる。しかし、この2冊の間の谷は極めて遠い。この距離を埋めることなどできるのか。それは単に理論と実践とか、政策と技術とか、そういうレベルの話ではない。この谷の存在そのものが、今の「現実」という受け止めから出発するとしか言えないのだろうか。新年早々とても重苦しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/02 17:31
今日は研究タイム
今日は研究タイム 昨日と明日は学内の諸々の仕事なのだが、今日は空きなので久しぶりの研究タイム。ちょうど昨日、日本社会福祉学会の学会誌『社会福祉学』の最新号が届いたので、そちらをチェック。2015年度の回顧と展望が分野別に載っているのだが、専門となる理論・思想部門を読んでいると(今年度は衣笠さんが執筆)、一挙に学内の細かなことから、思考が解き放たれて研究脳に変身。年末年始に読むために、いくつかの書籍を早速注文。2016年度はまだ終わっていないが、社会福祉の理論・思想が、19世紀化するような世界的な社会・思考・風景と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 12:39
長女の入浴
長女の入浴 金曜日は私が仕事でいつも遅いので、連れ合いが立ち会ってのヘルパーさんによる長女の入浴。今日は祝日で私が休みで連れ合いが仕事。ということで、私が入浴の立ち会い。将来のグループホーム?を見据えて、大金をかけて設置したリフトを活用。部屋、脱衣場、お風呂と一直線。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/23 16:49
「性産業と軽度知的障害の女性」
長女は重度だけど知的障害のある女性なので、この話しはずっと深刻に受け止めている。今日、社会福祉士+特別支援学校教諭を目指す上級の学生たち対象の授業で取り上げたけれど、全く初めて聞く話で衝撃だったということだった。取り上げ方って難しいのだけれど、「社会福祉士+特別支援学校教諭」の教育課程の中で、当事者サイドの生の現実の声が学生に届いていないのは大きな問題だと改めて感じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/13 13:46
ショートステイ帰り
ショートステイ帰り 色々あったけど、月に一度はショートステイを長女も利用できるようになり(本来その役割を果たすこととなって開設した事業所は相変わらず拒否だけど)、昨日から今朝にかけて泊まってきた。こちらはショートステイ先で職員さんと一緒に作った?クリスマスツリー。帰宅後は爆睡中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/11 17:18
認知症家族支援
認知症家族支援 授業の合間にひたすら卒論指導。後2名が未完成で大詰め。認知症家族支援をテーマにしているゼミ生がいるので、改めて元同僚の松本一生先生の本を読み直す。親が80代になってきて、自分自身も当事者となってきた(今年は認知症だった義母が亡くなる)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/02 15:32
現代思想緊急特集「相模原障害者殺傷事件」
現代思想緊急特集「相模原障害者殺傷事件」 購入したこちらの本、やっと読み始め、1/4読みました。被害者と同じような重度重複障害者の親としては、事件の衝撃に言葉が見つからずにいて、この本もなかなか読めずにいた。冷静ではまだいられないのだけれど、自分の言いたい言葉を代弁してもらっている気がしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 15:20
ゼミ・社会福祉士国家試験勉強
ゼミ・社会福祉士国家試験勉強 午前中の授業を終えて、昼休みから4限にかけては卒論指導等でゼミ生たちと研究室。たった今、また1人完成。まだ残りは6人。並行してiPadアプリで社会福祉士国家試験の勉強中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/25 13:22
家庭支援論
家庭支援論 1限が授業(ちょっと時間配分や進行がまずかった・・反省)、その後は学生さんの個別指導やら会議やら。そして4限は家庭支援論。そろそろ本丸に入っていくところ。なかなか内容的には厳しい話しになっていかざるを得ない。家庭は権力構造のある暴力装置でもあるから。今日は具体例として面前DVを取り上げるけれど、色々な経験を踏まえた学生さんがいるので、丁寧に進めていかないといけない(もちろん、この科目は選択科目なので、中身的にはかなり厳しい内容であることは、事前に伝えた上で履修するかどうかを決めてもらうよう投げか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/07 13:39
高障連創立30周年記念誌「障害の種別を越え 仲間と共に」
高障連創立30周年記念誌「障害の種別を越え 仲間と共に」 連れ合いが昨日から実家の義父の付き添いにいっているので、長女と留守番。メールで来る卒論の添削や、とりためた動画の編集・アップ。さて、長年色々とお付き合いをさせていただいてきて、大変お世話になっている高槻市障害児者団体連絡協議会(高障連)。特に高槻市立養護学校の廃校問題の時は、高障連あげてのバックアップをしていただき本当に感謝の念に堪えない。大学の仕事がこれほど忙しくなければ、色々とお手伝いさせていただきたいのはやまやまなのだけれど。その高障連の創立30周年記念誌をお送りいただく。私も「元高槻市立... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/03 15:48
レヴィナス
レヴィナス 会議日の木曜日の明日が祝日でお休みなので、会議が今日に振り替え。重要会議が含まれているので、今日は大学の方に出勤(研究日)。学生時代はヘーゲル、フッサール、ハイデッガー、デリダ、ガダリ、フーコー、ラカンくらいまではやったけど、最近論文とかを読んでると、福祉研究ではレヴィナスが流行っているようなので、これから読んでみる。福祉研究で最近取り上げられている現象学的還元とか間主観性(廣松渉とかも当時読んだけど)とか、なんか30年以上前に授業でやってたこと何だけど、現場通じて福祉に来て、またこういう話にな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/02 10:50
社会福祉士国家試験対策アプリ
社会福祉士国家試験対策アプリ 社会福祉士国家試験も追い込み。ドタバタしていて他のゼミに出遅れた部分もあるのだけれど、学科予算で購入した国家試験対策のアプリ(iTunes Card)を、これも以前に学科予算で購入したiPadにダウンロード。実は私物ではアップル製品を全く持っていないので、授業の空き時間に格闘(パスコードを忘れたので、いちからやり直し)。各教員単位にiPad配布なので、それぞれのゼミ学生の国家試験勉強に活用。本当は教員ではなく、全学生にタブレットなりChromebookなりSurfaceなりを配布して、国家試験対... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/01 15:03
洋雑誌
洋雑誌 今日は1限が授業、その後、外の仕事をして、学生さんの個別対応をして、紀要論文の体裁を整えて提出して、IRの分析業務。なんだか色々なことがありすぎて、落ち着かない。こちらの洋雑誌はずっと購読しているのだけれど、目次をチェックするまでで、なかなか中身の論文をしっかり読む所までには至っていない。こんなことではだめなのだけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/18 15:35
言語聴覚士国家試験対策
言語聴覚士国家試験対策 1限から授業や会議の一日。社会福祉学科所属なので、社会福祉士国家試験対策は当然やっているわけだけれど、言語聴覚士も社会福祉(社会保障)が資格必修で試験科目にあり。授業で担当している関係もあり、言語聴覚士国家試験の社会福祉(社会保障)の特訓講座も担当。隙間時間を見つけては、改めて出題傾向を分析して、レジュメを作成中。昨年度はまさかの「ベヴァリッジ報告」の出題にやられた(過去問を参照しながら、社会保障制度全般は完璧にまとめてやっただけに、ショックだった)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/17 12:32
日常生活用具の給付申請
日常生活用具の給付申請 今朝は長女の大学病院診察→市役所福祉事務所での紙オムツ(日常生活用具)の給付申請。見積書付きでの申請だけど、大手企業の独占状態の分野だからなあ・・この部分には問題が沢山ある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/12 16:06
「現代社会と福祉」
「現代社会と福祉」 後期月曜日は今日から本格授業。1限は、前期の社会福祉1に引き続き、社会福祉2。社会福祉士国家試験指定科目の「現代社会と福祉」に対応する科目なので、テキストも中央法規の国家試験対策講座のもの。今日は社会政策と社会福祉の関係、政策、制度、実践の関係など。どんだけかみくだいても、やはり1回生には抽象的すぎて難しい内容。抽象→具体、という官僚的思考というか、抽象だけでものごとを処理できる(良い意味でも悪い意味でも)人には当然のことなのだろうけど、社会福祉はやはり具体がまずはすべてなので。なかなか悩ましい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 14:25
後期月曜日の授業開始 「現代社会と福祉」「家庭支援論」
後期月曜日の授業開始 「現代社会と福祉」「家庭支援論」 後期月曜日の授業開始。対照的な2科目。左は必修の社会福祉士国家試験の「現代社会と福祉」対応の科目。教えるべき内容はガチガチに決められている。右は一応専門になる「家庭支援論」。こちらは選択科目で社会福祉士国家試験にない科目。なので、好きなようにやれる。テキストなし。本当は地域と家族は両輪なので、「地域福祉の理論と方法」のように、「家族福祉の理論と方法」が国家試験科目にも必要とは思うのだけど。でも、そうなったら、政府の家族イデオロギーに染まった内容になりそう。親戚の訃報が入り、授業は早めに切り上げて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/26 16:30
長女の入浴
長女の入浴 昨日・今日と連れ合いが法事で遠方に泊まり。長女と留守番。夕方の長女のヘルパーさんによる入浴介助にも立ち会い。先の計画も考えて、リフトをつけて、部屋、トイレ、更衣室、お風呂とストレートに。ところが入浴前に体温を計ると38度を超えている。入浴は中止で、ヘルパーさんには申し訳ない。でも、徐々に体温は下がり、3時間後には平熱に。笑顔も戻る。体温調整が苦手なので、蒸し暑さで体温が上がったみたい。なかなか季節の変わり目は難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/22 20:45
社会福祉学原論
社会福祉学原論 学内仕事の合間に、土日の学会で購入したこちらを読む。著者同様、自分も社会福祉士国家試験科目である「現代社会と福祉」に対応する「社会福祉T」「社会福祉U」を担当していて、この科目が「社会福祉学原論」に対応するとされているが、されていない現実(原論不在の社会福祉士国家試験科目)との矛盾にいるので、こうした原論を押さえた上でのテキストを執筆し授業に使っていることに共感。真摯に「社会福祉学原論」を追求している良書。一緒に買った、同じ著者の「福祉哲学に基づく社会福祉学の構想:社会福祉学原論」を次に読む予定... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/13 13:33
学会を終えて
学会を終えて 学会2日目。今日は理論・思想分科会で終日。2日間の学会を終えて、全体として感じたこと2つ(「共生」がテーマだったゆえに)。 ・「福祉思想」「ソーシャルワーカー」「制度・政策」の三者が置かれ、「福祉思想」と「ソーシャルワーカー」との相互作用が「共生」という言葉を通じて、つながりの模索される。しかし、「福祉思想」と「制度・政策」はつながらない。また、「ソーシャルワーカー」と悪化する「制度・政策」もつながらない(ソーシャルアクションという幻想を媒介しないと)。「理論(ソーシャルワーク理論ではなく、社... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/11 15:59
阪急大宮駅
日本社会福祉学会全国大会で佛教大学へ。阪急大宮駅→京都市営バス四条大宮バス停。よくお世話になった「餃子の王将」は健在だけど(予備校は京都駿台、大学院はここから自転車、佛大は通信の学生&通信の非常勤)、街並みは変化。何より、昔は高槻市から通勤特急で大宮までノンストップだったのが、今では嘘のよう。しかし、学会にくるたびに、大学運営に走り回っている自分は何なんだと自問。明日も学会(オープンキャンパスは欠席します)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/10 18:33
家族会のグループホーム勉強会
午後からは長女の通う生活介護の1つ(1箇所では1週間を埋めれないので3箇所に通っている)の法人での、家族会でのグループホームの勉強会。連れ合いが役員なのだけど、長女のガイヘルを台風の関係でキャンセルにしたので、私だけ出席。今日は家族の立場なので、ひたすら書記の役割。私は重症心身障害、特に医療的ケアが専門になるのだけれど、知的障害のグループホームの重度化、高齢化、医療的ケアが同様に課題となってきていることを、あらためて実感。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/04 15:24
新設科目「人間科学演習U」の準備
今年度後期から新設の1年次全学必修の「人間科学演習U」のとりまとめ役(少人数演習クラスを大量に作ってのオムニバス、すべて専任教員担当)。初回は全体オリエンテーションなので、その資料づくり。科目の意図を伝えることが何より重要。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/27 21:38
障害者施策推進協議会
朝一番は長女の特別障害者手当の関係で地元の福祉事務所へ。書類不備で出直し。マイナンバーもからんで、これだけややこしくなると、なかなか申請手続きといわれても難しいのではないか。しかし、私としたことが明らかにミス(一応、社会保障制度とか障害者福祉とかを教えている立場としては)。さて、今年度より、某市の障害者施策推進協議会の委員となり、午後より第1回目の会議。責任は重大なので、現在進行中の計画をチェック(PDFにして、すべてデジタルペーパーに取り込み済み)。本当は地元の市でこうした立場になれればいいの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/26 12:44
障害福祉サービス受給者証
今日はお休みで、長女と留守番。その長女の障害福祉サービスにかかわる受給者証、事業所からまだかまだかの催促(それはすでに7月末で受給者証が切れているわけだから、事業所からして当然)だったのだけど、昨日やっと市役所福祉事務所から届いた。支給決定の通知書と、障害福祉サービスの受給者証、地域生活支援事業の受給者証。いずれも、この8月1日からが適用期間となるもので、8月9日に交付ということになっている。届いたのが昨日なので、発送は一昨日の19日くらいなのだろう。福祉事務所の事務作業も大変なんだろうと、想像... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/21 17:30
某所で論文執筆
大学は今日までお盆の閉鎖。朝、朝食介助などを行って、9時過ぎに長女を生活介護に送り出した後は、14時45分に帰宅するまでフリー。ということで、某所に籠もって論文執筆。長女のお迎えをした後は、訪問リハ。ここ最近はずっと連れ合いが付き添いなのだけど、今日は私が付き添い。今年度より理学療法学科を設置したのだけど、最前線の理学療法士さんから、最近のリハビリ業界の話を聞けるのが楽しみ。実はこれまでも、大学関係の色んな仕事に障害のある長女を通じてのネットワークが活きている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 11:47
自炊
今日と明日は補講日。補講の授業はないのだが、会議。水曜日からは前期試験期間となるが、重要会議が詰まっていて、ある種今週が正念場。会議の合間に、この1000頁にも及ぶもの2冊を自炊作業。さすがに持ち運ぶ訳にはいかないが、色々とチェックする場面があるので、持ち運ぶことが必要。よって、SONYのデジタルペーパーへ持って行く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/01 15:36
夏のオープンキャンパス2日目
今日のオープンキャンパスは研究室に待機して、来場者の研究室訪問に対応。1年次に担当している科目のテキスト、そして4回生での国家試験対策のテキストなどをもとに説明。学外実習などは、こちらからも説明するけど、実習経験済みの在学生が生の声で説明。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/31 12:59
夏のオープンキャンパス1日目
今日と明日は、夏のオープンキャンパスで連日出勤。今日は社会福祉学科の個別相談コーナー担当。相変わらずの理学療法人気だが、来場者数では、次いで社会福祉学科となっている。感触だけだが、例年とは違い3年生の割合が高い気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/30 14:15
生活介護事業所から帰宅
長女が生活介護事業所から帰宅。レクリエーション、入浴、食事、訓練。何気ない一日だが、昨日の事件を受けて、こうした日常の大切さと、奪われた命や恐怖に思いをはせる。長女もしゃべれず、最重度の知的障害ではあるが、全身と表情を使って、しっかりコミュニケーションできているし、自己決定もしている。「意思表示できない障害者を刺した」という言葉が二重に許せない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/27 16:45
オープンキャンパス
終日オープンキャンパスで出勤。今日は全体の仕事ではなく、社会福祉学科の教員としての個別相談コーナー担当。想定以上?の沢山の来場者(全学科)で大忙し。オープンキャンパスの参加者増が出願者増につながるのかは疑問はあるが、色々と高校生と話が聞けたり話せたりで、楽しく過ごせた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/17 14:43
「高槻市立養護学校」廃校問題の寄稿
高槻市立養護学校(既に廃校)の廃校と養護学級充実・高槻市重度障害児童生徒サポート教室設置に関する運動、の執筆依頼がきたので、昼休みにざっと執筆。当時は保護者会会長として、戦いの最前線にいた。 運動の記録はこちら↓ http://www7a.biglobe.ne.jp/~trn/ichiyou/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/04 14:31
社会福祉士国家試験対策特別授業
授業外の社会福祉士国家試験対策特訓授業、今日から私の担当回。中身に入る前に受験勉強とは何かとかから入る。推薦入試組も多いし、センター試験を受けてないと多くの科目をバランスよく勉強するやり方も経験がないはず。ということで、いきなり、落合監督、三原監督、野村監督の言葉から入る。三原監督は当然知らないとして、落合監督は知ってても、もう野村監督は知らない世代に入ってきてるのかな。私らの世代は南海の野村捕手のイメージが強いのだけれど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/07/01 11:58
重症心身障害の長女の「生活リハビリ?」
表情は豊かで、声で感情を出す(言葉はしゃべれないが)ことでコミュニケーションはそれなりにとれる長女。しかし、手も含め、なかなか体が動かない。暑さから、寝返りで畳みに移動できるようになり、やはりリハビリは本人のモチベーションがすべて。タブレットで色々試してみると、瀬戸弘司さんのYouTube動画に爆笑して、タブレットに手を出して巻き戻した!これは大事件。これこそ生活リハビリ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/26 17:02
障害者総合支援法「事業者ハンドブック」2016年版
今日は学生個別面談と授業。毎年出ている中央法規のこちらの書籍、「指定基準編」(7月1日発行)に続いて、今日「報酬編」(7月10日発行)も届く。「指定基準編」は700ページ弱、「報酬編」は1,000ページ弱、と巨大。理事とかの関係もあるし、自分自身の研究に関わる部分もあるので毎年購入。しかし分厚いので、とても落ち運びというわけにはいかない。解体して自炊するしかないか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/21 15:57
授業で「ハンセン病」
体調不良の中、昨日の終日出勤、今週もハードな予定の1週間なので、なかなか厳しい。今日は1限から5限まで、1回生全学対象の社会福祉の入門授業(大講義を減らすために、同じ授業を3クラスに分けて実施している)。今日は障害者福祉の回で、法律や制度、運用などの話しを押さえた上で、具体論として何を取り上げるか直前まで悩む。ノーマライゼーションやインクルージョン、自立など、様々な概念についてはこれまで授業で取り上げてきたのだけれど、結局、「ハンセン病」の絶対隔離政策の話を取り上げる。授業終了時の振り返りシート... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/13 11:53
大学病院での診察
朝一番は長女の大学病院での定期診察。抗てんかん薬の処方に加え、脳波検査の予約、訪問看護の指示書のお願い。医大生の見学実習というか、それ以前のフロアでのコミュニケーション実習?。指導してる教育の意図はすごくよく解るけど、積極的に患者さんに声かけしてる学生もいれば、壁にはりついている学生グループもいる。衆人が見てる病院、指導する教員の苦労が忍ばれる。自らに引き戻せば、このあたりの教員の苦労を上の人たちに理解・実感されてなくて、安易な命令だけが降りてくるというのが一番しんどい所。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/08 12:08
児童虐待についての授業
身体的、精神的にかなりしんどい状況ではあるが、授業など学生さんを相手にしていると元気が出てくる。結局、対学生さん以外の所がストレスの原因となっているとのこと。まあ、どういう組織でも同じ話なのだけれど。今日の1回生対象の社会福祉入門の授業では、子ども家庭福祉を取り上げる。前半は法制度や子育て支援、後半は映像も交えて虐待対応の話し。後半はかなりきつかったと思う。今日は無理して出なくてもいいからとはいってあるのだけれど。毎回授業終わりに振り返りのレポートを書いてもらっているが、1回の授業でこちらが伝え... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/06 11:48
「授業外授業」の準備
研究日として、午前中はアポイントなし。学内業務の邪魔の入らない空間(某所のドトールコーヒー)でお仕事。といっても、社会福祉士国家試験対策の「授業外授業」の準備。大学執行部の人たちは、簡単に合格率上げろ、退学率下げろ、というけれど、それが具体的に日々のどういう教員の仕事となって現れているかとかには関心がないのだろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/01 11:33
優生思想
今日は大学院の授業。大学院は社会福祉領域が今年の3月をもって閉じられたので、私の社会福祉の授業の対象となるのは、心理や医療系の院生たち。先週は障害者の親として、関心を持たざるを得ない「出生前診断」について取り上げた。しかし、この問題の背景を突き詰めると当然「優生思想」に突き当たる。しかし、年配の社会人院生以外は優生思想やそもそも優生保護法について全く知らなかった。ということで、今週は予定を変更して、優生保護法とそれにまつわる、これまでの様々な歴史についての知識の共有。その上で、改めて出生前診断に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/31 12:34
社会福祉法人の新会計基準
昨日の日帰り出張の後、1限から5限までの授業、合間にも色々な仕事やらがあって、精神的にもダウン気味。しかるべき立場の人がしかるべき仕事をしてくれればよいのだけれど、そうなっていない中では動かざるをえないという悪循環にはまっている。とはいいつつ、研究もしないといけないし、社会福祉実践のこともある。前年度が締め切りだった社会福祉法人の新会計基準。もちろん、概要はだいたいわかっているつもりだし、企業経理をやっていた経験もあるのだけど、改めて細かな所まで勉強することにした。1,000ページを超えている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/30 19:43
日本社会福祉学会 社会福祉学における三浦理論の検証と継承
今日はオープンキャンパスは休ませてもらって、池袋の立教大学での日本社会福祉学会春季大会へ。議題は「社会福祉学における三浦理論:検証と継承」。都会の真ん中だけれど綺麗なキャンパス。8法改正、福祉計画策定化などを目の前で見てきた世代の人間としては、理論という以上に三浦文夫氏を意識せざるを得なかった。措置から契約の「改革」から、今の介護保険制度など、三浦氏の思いと違う方向に行っているという話だったが、若い研究者のみなさんには三浦理論というのはどう映っているのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/29 17:27
社会福祉法人の新任職員研修
今日は午後から高槻の山の上の社会福祉法人の新任職員研修の講師。自転車で山登り。同じ道を通って自転車で通った高校時代の色んなことが思い出される。そろそろ年齢的に自転車での山登りがきつくなってきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/14 15:37
フィンランドの福祉養成校との交流会
今日は午前中、フィンランドの福祉養成校との交流イベント。前半はフィンランドの高齢者福祉とテクノロジーとの関連の講演、後半は交流会での意見交換。テクノロジーの活用の部分など大変興味深かったけれど、やはり土台となる社会保障システムが違うので、目の前に広がっている在宅・貧困・独居の高齢者の現状とのものすごいギャップを感じざるを得なかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/13 13:00
自立教育カード
今日はお休み。連れ合いは仕事なので、終日長女と留守番。長男と次男はそれぞれ大学と高校。さて、こちらを以前購入。まだ未使用。カードはチェック済み。なかなか興味深い。元々は障害のある人の自立生活への関心があったわけだけれど、そもそも生活する力を身につけることについては、障害がどうこうという話ではない。社会で生きていくための力は誰にとっても必要なことで、考えてみればそうした教育の機会は極めて少ない。そのあたりで活用を考え中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/30 17:58
医療的ケアの必要な重症心身障害のある人の地域生活
今日は授業終了後の夕方、当事者の方が意見交換に来られるので、以前に書いたこれらを用意。本来からすれば、グループホームというあり方も違うのだけれど、今の仕組みの中で、親と離れて地域で医療的ケアの必要な重症心身障害の人が暮らす展望が、正直これ以外、自分自身描けてない。その後も会議・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/26 12:11
今年度の研究スタート
今日も学内の打ち合わせやら、授業やら、学生個別面談やらでなかなか忙しい。昨日の重要会議の連続には疲れ果てた所ではあるが、隙間時間を見つけて活用していくしかない。今年度自分自身として設定したテーマである社会福祉理論史研究のスタート。授業が始まるまでの期間に概ね資料収集と読み込み(過去に読んだものが大半だけれど)を終えているので、これから構想を練っていくことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/15 11:56
評議員会その他もろもろ
今日は午前中は学内の仕事・打ち合わせ、午後からは社会福祉法人の評議員会、そして次年度からの仕事の関係である市の障害福祉課との打ち合わせ。住んでる地元の行政からは嫌われてるみたいだけど、他市では色々仕事をしてます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/28 11:46
インプット作業
久しぶりにまとまった時間が取れる。研究室にこもって、収集済みの論文を片っ端から読んではノートを取っていく。これがインプットの作業。構想やアウトラインの作成、アウトプットはすき間時間や何かやりながらでも可能だが、インプットだけは、まとまった時間がないとできない集中的な作業。まだインプットが足りないことが判明したので、さらに資料収集にかからないといけない。4月に入ると身動きがとれなくなるので、急がないといけないのだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 14:48
ショートステイからの帰宅
長女の通っている通所施設のショートステイ、てんかん等の理由で断り続けられてきたけれど、今回、義母の岡山での49日、私の大学卒業式ということで、何とか無理をいって受け入れてもらい、ここでの初めてのショートステイ。先ほど元気に帰宅。やはり、初めての場所での宿泊なので、遅くまで起きてたとのこと。重症心身障害者・医療的ケアの障害者のショートステイ先がない問題、施設の問題ということではなく、明らかに行政の問題。現実問題、ショートステイがなければ家庭の生活はまわらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/19 15:16
関西社会福祉学会&日本社会福祉学会フォーラム
本日は、勤務先大学で午前中関西社会福祉学会大会、午後は日本社会福祉学会フォーラム。今日は受け入れ大学として、準備や運営の方の仕事。午後は受付などの仕事をこなした後、後半のシンポジウムから聴衆者として出席。社会福祉学会なのでソーシャルワークと結びつけない けないのだろうけど、純粋に社会をかえるための運動ということではないのかな、とも思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/06 16:48
研究モード
今日の仕事は外部の理事会だけ。学内での会議もなく、懸案事項もほぼ片付いたので、授業が終わって、初めてまとまった時間がとれた。そこで、集めていた文献を読み込む。久しぶりに頭が研究モードになって刺激的。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 12:43
実習懇話会
今日は午後から新大阪駅近くで実習懇話会。せっかくの新大阪駅なので、駅弁の「牛タン焼肉弁当」で昼食。その後、会場に入って準備、そして開会。社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、保育士・幼稚園教諭、それぞれ実習先施設指導者の方々と学科教員が参加。実習先施設指導者の方々の参加は約200名でにぎやかな会となる。分科会に別れるので、私は社会福祉士の分科会。画像のようなテーマでのシンポジウムに、グループ別ディスカッション。施設、養成校、それぞれの立場で貴重な意見交換の会となる。併せて、大学時代の1つ上の先... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 19:36
論文完成
久しぶりにまともな研究日。校正完了で、やっとこの3月末に紀要に出す論文完成。無謀なチャレンジングな題目だけど、参考文献を漁っても、ここ最近はこのようなテーマを扱っているものが極めて少ないので、あえて挑戦してみた。4月以降、webに全文があがるので、ご意見ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/24 13:18
ガイヘル養成研修講師
今日は、地元でガイドヘルパー養成研修の講師。目の前は、自分もそして長女も通った(サポート教室として中学の時)小学校。出身のこれも地元の中学校で教育実習をやった時、夜間はこの建物で学習支援のお手伝いもしていたので、とても思い入れのある場所。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/23 12:33
おおさかもずやんカード
以下のようなことで長女に配布された5万円のカード、この2月末が有効期限。それは使うけれど、この前の大阪ダブル選挙前に配られたこれ、こういう税金の使い方、しかも福祉に使ってますみたいなのはやめて欲しい。未使用分が多く出るように思うけど、そのお金はJCBに入るということなのかな。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/17 10:51
書籍・論文の校正
今日は朝から終日会議。重なる時は重なるもので、書籍と論文の校正がやってきた。いずれも締め切りは1週間。ということで、会議の合間に作業。書籍の方は、改版を重ねているものだが、社会保障や社会福祉制度は毎年のように変わるので、データも含めて、毎年改版しないといけないような感じになっている。こういう教科書と社会福祉のあり方や社会保障のあり方を考え提起する論文、2つでは使う頭も異なってくる。今の(実質国定?)教科書による社会福祉士国家試験養成課程の中で、本質的な議論のできる研究者が育つのか、日々矛盾を感じ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/12 13:14
告別式を前に
昨日の未明に義母が亡くなる。1週間以内という覚悟はできていたのだけれど、グループホームでの最期。連れ合いはずっと奈良の実家の方へ。私の方は忌引をとっているけど、長女の介護があるので、彼女が生活介護事業所に行ってる時しか動けない。今日も朝、食事介助も含めすべて行って送迎を済ませてから、実家に向かう。長女の帰宅が16時過ぎなので、それまでに戻り、夕方のヘルパーさんによる入浴に立ち会って、その後夕食介助の予定。今までシングルで重度の障害児・者と暮らしているお母さん方の話は沢山聞いてきたけれど、こうした... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/28 14:47
グループホームへ
今夜は長女がショートステイでお泊まりなので、連れ合いと一緒に義母が暮らしているグループホームに来ている。ターミナルの段階になってきていて、静かな時間が流れている。この場にいると、改めて色々なことを考えさせられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/09 18:26
特別支援の授業・高槻市重度障害児童生徒サポート教室
火曜日の午前は特別支援教員免許課程の授業。受講生は社会福祉学科の学生と健康心理学科の特別支援を目指す学生。他の科目ではあまり習っていないようなので、先週は就学指導委員会(学生は知らなかった)の話も含めて、就学先選択にからむ諸々の話。今週は特別支援学校ではなく居住地校を選択することの意義についての話。事例として直接運動に当事者としてかかわった、高槻での「高槻市立養護学校廃止→高槻市重度障害児童生徒サポート教室設置」の記事(2005年朝日)や話も交えながら。学生たちには、重度障害児→特別支援学校、と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/15 12:36
振り返りレポートを前に考え込む
今日は授業と会議が一日中満載の日。1限の1回生向けの授業を終え、いつものように振り返りレポートを配布して記入してもらう(すべての授業で実施)。社会政策の授業の一環として、介護保険制度のひずみについての授業を行う。行き場を無くした高齢者の悲惨な現状も併せての説明。しかし振り返りレポートを見ると、成績の良い・悪いとは別の軸で、学生さんの意見が分かれる。そして、どちらかというと、この現状に対して「仕方ない」「良くなったらいいのに」という反応のグループの方が多い。片方は「これは許されない」「何とかしない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/14 12:50
山邊先生
今日は午前中の卒論指導を終え、3限と4限は休ませていただいて、先日お亡くなりになった龍谷大学の山邊先生のご葬儀に参列させていただいた。その後、すぐに大学に戻り5限は通常通りの授業。大変ショックである。大学院の先輩にあたり、私が家族福祉を研究していた関係で、以前から家族への支援をテーマの一つにされていた山邊先生には、よく声をかけていただいたし、学会発表なども聞きに来ていただいたりした。今となっては龍谷大の非常勤の話を多忙からお断りさせていただいたのが心残り。先生の下記にリンクを貼っている論文は、当... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/27 15:13
リハビリ
木曜日なので会議日。終日会議。かなりましになったが、脚の痛みがまだ続いていて、朝一番に整形外科でリハビリ後に出勤。マイクロ波の温熱治療とこの電気刺激治療。50代になって、目、腰・脚と来て、現在はこの整形外科と眼科に通院中。次は嚥下かな。理学療法学科新設でこのあたりの最新の機器も既に搬入されている。既に視能訓練、言語聴覚の専攻はあるので、やはり高齢社会にとって必要な専攻がそろっていることを実感する。PT、ST、ORTの先生方がそろっているということは、色々と個人的な体のことも相談できるということで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/26 11:48
大阪府の福祉医療費助成制度
送られてきた長女の障害者医療の医療証(大阪府)、ずっと有効期間は一年間だったのだけど、今回は年度末まで。大阪府の方の研究会(行政職員のみから構成)で、「福祉医療費助成制度について、府・市町村を通じた厳しい財政状況等に鑑み、将来に向け持続可能な制度とする観点から、府と市町村がともに、制度の実態について検証、今後のあり方について研究」されているので、その関係で来年度からの制度変更(改悪?)が想定されているのだろうか? http://www.pref.osaka.lg.jp/kokuho/hukus... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/11/10 12:26
特別支援の授業
朝1限は特別支援教育の授業。今日の授業内容のメインは教育課程だけれど、せっかく社会福祉が専門の、そして障害当事者の家族である私が担当している授業なので、教職の科目の中では取り上げられないであろうことを意識して、本題に毎回付け加えている。今日は、このサリドマイドや森永ヒ素ミルクなどの薬害、同世代の人間として若い人たちに引き継いでいかないといけないと思い、とりあげる。だれも両事件については知らなかった。また、薬害エイズ事件についても知らない学生が多く、これは驚いた。しっかりと次の世代に伝えていかなけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/27 10:59
論文完成
今日は研究日だけど、ゼミ生との個別面談と、10月末締め切りの論文の執筆。読めば読むほど修正箇所が出てくるのが論文だけれど、一応チェックを終えたのでとりあえずの完成。まだ道のりは遠いが一区切り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/21 11:48
「現代社会と福祉」の授業
午前中は社会福祉士国家試験の「現代社会と福祉」に対応する授業。テキストは中央法規の国家試験対策本。テキスト通りに教えてるけど、原論の部分はこのテキストの内容を批判する論文の執筆中。授業の中でも、国家試験対策と本来の社会福祉の原理・原則を伝える部分をうまく混乱なく学生さんに伝える工夫が必要となっている。少なくとも国家試験対策だけでは、社会福祉の授業とはいえない。午後の家庭支援論の授業は、国家試験対象外なので、好きなようにやっている(資格必修じゃないので、受講生少ないけど)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/19 13:38
新たな福祉サービスのシステム等のあり方検討
木曜日なので終日会議。教授会、入試関連、学科会議、その他もろもろ。さて、9月17日開催の厚労省「新たな福祉サービスのシステム等のあり方検討プロジェクトチーム・幹事会」で出た資料。家族・地域社会の変化、人口減少社会における福祉人材の確保、質の高いサービスを効率的に提供する必要性、地域の支援ニーズの変化、等の問題意識はそのとおりだけれど、財政状況の中の限界と言ってしまえばそれまでだが、効率性が前面に出ており、机上のシステム論という印象はやはりぬぐえない。そもそも社会保障費の増大への歯止めの議論は分か... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/15 15:07
介護福祉士の法改正は?
今日はお休み。こちらは福祉新聞のwebの記事より。臨時国会を開かないということは、今年中の介護福祉士に関する法律改正はないということ。年明けの国会でということになるのだろうが、公布即施行の法案なので、介護福祉士養成校としてはたまったものではない。来年度のカリキュラム編成(すでに時間割編成レベルまで来ているが)において、まさかこの時点で公認心理師が通って、介護福祉士が通ってないというのは想定していなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/11 17:16
研究再開
今日も1限から授業。懸案で大変だった学内の業務が昨日で一区切りついたので、少し余裕が出た。授業終了後は時間が少しまとまって取れたので、久しぶりに集中して作成中の論文のチェック、修正。締め切りは10月末。大詰めの作業。引用部分のチェックを特に入念に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/06 12:42
修士論文中間発表会
今日から後期授業の開始。木曜日は会議日なのでフル稼働。午前中は大学院の修士論文中間発表会。私が指導に関わっているのはこちらの発表の院生。現場の社会人の方。私自身が色々と知りすぎているくらいに知っている分野なので、なかなか医療的ケアの部分は他の教員はあまりご存じないのだなということを実感。昼からはひたすら会議。公認心理師がスタートするので、学部も大学院も色々大変。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/24 15:44
実家へ
今日はお寺さんが来るので、久しぶりに実家へ。大学生時代の本たちがそのまま並んでいるけど、卒論は日本思想史だったので、今のテーマとは少し路線が違う。最終的には統合することができれば、というのが夢。(よく見ると宮脇俊三さんの本が紛れてる)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/23 13:32
日本社会福祉学会
今朝は早く起きて、天神のホテルから西鉄福岡駅へ。初めての西鉄乗車、久留米まで特急。学会の方はまずは同窓会状態。久しぶりに出会う人ばかりで、どこの大学も大変とか、何々先生あそこに移らはったとか、まだ今のところにいるの?とか、定番の会話。分科会は2つの分科会に参加。特に障害児者分野の分科会は、ポスト入所施設の後の地域自立生活の困難さ、家族の相変わらずの位置づけ、激増する医療的ケアを必要とする障害児者、足りないショートステイやグループホームなど、現実的な困難の中での議論。同じ関心を持っている知り合いの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/20 16:56
ガイドヘルパー養成研修
今日は地元高槻でのガイドヘルパー養成研修の講師。会場はまさに地元。地元出身中学で教育実習をしたのだけれど、その時に昼間は学校で教育実習をし、夜はこちらの会館で子どもたちの勉強を見る、ということをしていた。隣の障害者施設ではゼミ生が職員として働いてもいる。養成研修の方は、勤務先大学から2名の学生が参加。毎年、2,3名が参加されてくれている。午後からは大学に出勤して、教務関連のお仕事。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/09/01 15:01
特別障がい者手当の申請
仕事の前に市役所障がい福祉課で長女の特別障がい者手当の申請手続き。毎年この時期の年中行事ではあるが、やはり結構手間ではある。他にも、このようなもろもろの手続きで何度も障がい福祉課に行くわけだけど、その負担はやはり当事者でないと分からない部分だろう。制度があるということと、実際にそのサービスを受けれるということの間には、いくつものハードルがある。午後からは、来年度新設科目の担当教員との打ち合わせ(3回目)。台風接近の中だけど。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/25 11:37
大学病院での診察
午前中は長女の大学病院での月に一度の定期診察(てんかん)。7-8年ぶり位で、他市に住んではる長女と同い年の重心の子とお母さんに再会。最後に会った時は、長女と同じような状態だったのだけれど、酸素で胃ろうになっていた。医療的ケアになって何もかも大変という話。病院と福祉をつなぐ部分はまだまだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/19 11:12
論文の骨組みに肉付け作業
今日の午前中は時間が取れたので、研究室にこもって論文構想のアウトラインに肉をつけていく作業。久しぶりに、岡村、孝橋、嶋田理論に再度アプローチ。この年になって、嶋田理論の重要性を自分の中で再発見。院生の頃は、「正義は愛に先行し、愛は正義を全うする」って言われても、全然分からなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/08/18 12:45
古川理論
1,4,5限授業、2限は会議。設置申請業務が一段落して、次は認証評価やカリキュラム移行、厚生局への既存国家資格の学則変更など、様々な業務があるのだが、少し時間が取れたので、次の論文のための勉強タイム。以前に読んだ古川「理論」を一気に読み直し。孝橋、岡村、嶋田理論と交錯させながら、考えてみることに。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/06 12:06
長女のシリコン製のスプーン
Amazonから注文していたシリコン製のスプーンが届く。ヘラ型と深型。長女の食事用。普通に口から食べれるので、自宅では金属製の普通のスプーンを使っていたのだが、がじっとかむこともあり、歯科医の診察で歯がそれで削れてるのではないか、ということで、生活介護事業所でも使っているこちらを自宅でも使うことに。でも、今の世の中の風潮を見てると、こうして口から食べれる人間も面倒だからと胃ろうにされないかというのが心配。口から食べることが生活にとっては大きな意味。別に通っている事業所では、普通の食事が食べれるの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/05 16:55
激しい雨の中での車椅子
事務局は東京に行っているけど、昨日だったら新幹線大変だった。今日は朝から激しい雨。車椅子には一番の天敵。長女は生活介護なので、車椅子ユーザー用のこのカッパを着て出発。これは値段は高いのだが、よく考えられているカッパで役にたっている。 http://www.piroracing.com/jeans/shopping/item15.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/01 15:06
小倉襄二先生追悼集
昨年末亡くなられた、恩師でかつ教員として一時期ともに仕事をさせていただいた小倉襄二先生の追悼集が届く。空閑さん他作成に携われたみなさま、ご苦労さまです。常に言っておられたこの写真の言葉、今の時代、ますます重要になっていると感じる。学生達にしっかりと引き継いでいかないと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/20 10:49
障害支援区分の医師の意見書
午前中は長女の大学病院での定期診察。今日は、障害支援区分認定のための医師の意見書を書いてもらわないといけない。しかし、意見書にかかる費用を市が払ってくれる制度は大変重要なものだが、色々書類の記載が必要で普通の人に理解できるのかなという感じ。診察を終えて、急ぎ大学へ。急ぎの書類作成やチェックがまっているので、研究日も返上。今年度は、こうしたことが予想されていたので、申し訳ないがこれまで長くやってきたものも含め、他大学の非常勤講師はすべてお断りさせてもらっていた。確かに、他大学の非常勤をやっていたら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/10 11:12
授業:所得保障
全学共通の社会福祉の1回生向け授業(社会福祉学科以外)。今日は所得保障。振り返りレポートを読むと、社会問題としての貧困という貧困観や、防貧と救貧の違いなどは理解されているようなのだか、生活保護については繰り返し説明していても「テレビでやっていた生活保護の不正受給者の映像を見た時の怒り」が感情的にあるようで、なかなか正確な理解への道は半ば。こうしたマスコミ報道に一方的にさらされている一般市民のことを想像すると空恐ろしくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/01 13:33
高槻市立障害者福祉センター
今日は授業は午後からで、午前中は地元の高槻市立障害者福祉センターで会議。ここには資料コーナーがあって、大学図書館とかで見つからない資料とかがあったりする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/05/22 13:10
「よくわかる社会福祉」
分担執筆しているこちらの書籍がこの3月に出版となり、出版社から送られてきた。すでに第10版。2002年の初版から改版を重ねて今年に至っている。制度が毎年変わるので、これだけの改版となっている。でも、一つの書籍がこれだけ続くというのは非常に珍しいのではないだろうか。1回生向けの入門書としては、簡潔でよくできていると思う。何回も時代に合わせて書き換えをしてきたので感慨深い。今は自分の書いた書籍を1回生向けのテキストに使っているが、以前はこれを使っていた。でも、気がつくと、この本が先駆けとなった「よく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/21 10:35
紀要論文(医療的ケアの必要な障害者のグループホーム拡充に向けての課題)
ずっと行事続きだったせいか、体調不良気味。さて、執筆した紀要論文が形になる。単なる論文ではなく、重症心身障害のある長女の今後の家族と離れた地域生活を実現するための課題を知るためのものでもある。お話しを聞かせていただいたグループホームを運営する方々の思いも踏まえ、地元高槻でも実現できるように努力したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/23 13:31
小倉先生のお別れ会
今日は亡くなられた同志社大学名誉教授で、元大阪人間科学大学教授の小倉襄二先生のお別れ会に同志社大学へ。社会人院生としての恩師であるとともに、4年間は恐れおおくも同僚としてご一緒させていただいた。自分にとっての社会福祉の初めての授業が小倉先生の演習で、衝撃を受けたことを思い出す。思想や歴史の内容で、障害のある子どものことしか頭になかった自分にとっては、社会福祉の奥深さを感じた瞬間だった。学部時代は社会思想史をやっていたので、社会福祉とつながることをそこで知った。勤務先では研究室がお隣で、別の角度で... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/21 18:05
原理論研究
このまま雑務に追われていてはすぐに新学期になってしまうということで、今日は時間を作ってこもって集中的に勉強。社会福祉の原理論を考え直すべく、近年の原理論研究を復習。嶋田、孝橋、岡村の社会福祉理論を古川理論と交差させながら、再検討してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/10 12:52
ガイドヘルパー養成研修講師
日中は大学で教務関連のお仕事。夜は地元で、ガイドヘルパー養成研修の講師。授業で案内したので勤務先大学の教え子が沢山で、やりにくい。でも、遠くから高槻での研修に参加してくれてありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/23 21:57
障害者団体の新年互例会
今日は朝から会議やら、学内のもろもろで走り回り。本当に時間に追われる。夜は地元で、高槻市障害児者団体連絡協議会の新年互例会に出席。高槻市関連のそうそうたる参加者に混じっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/01/22 19:51
書籍の校正と最終授業
今日が年内の最終授業。年明けは1月5日の月曜日からということで、月曜日に終わり、月曜日に始まるということになる。社会福祉の授業では措置制度と利用制度について。改めて措置制度について考えてもらいたいと思って授業。家庭支援論ではしんどい内容だが、避けては通れないDVに焦点を当てた授業(デートDVも含む、学生にとっても当事者としての問題のはず)。授業の合間には書籍の校正作業。2校目。気分的に年内に済ませないと、落ち着いた正月を迎えられないという気分なので、ひたすらチェックと修正を繰り返す。内容は社会福... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/22 13:19
小倉先生からのお言葉
今日も1限からの授業。雨と寒さで結構大変。1限終了後は、会議が2つ。午前中は綱渡り状態だった。12月7日に同志社大学名誉教授の小倉襄二先生がお亡くなりになり、先日公表された。大学院の時にご指導いただき、研究室が隣通しという恐れ多い中、同僚として大学でも4年ばかりご一緒もさせていただいた。こちらは亡くなられた小倉先生から、博士課程修了時にいただいたお言葉(研究室に飾っている)。教員としての就職が決まっていた時でもあるので、今なお日々かみしめることとなる深い言葉。改めて、御冥福をお祈りします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/16 12:53
雇用と福祉
昨夜は関わりのある人複数が小選挙区でどうなるかを見定めていたので、テレビを遅くまで見ていた。いつも早く寝る長女もなぜか興奮気味で遅くまで起きていて、また朝も早く起きて、まだ興奮状態だったので、どうしたのだろうと気になる。1限からの授業なのだが、7時前には起きたので(いつもは8時前に起こすのだが)、食事介助をしてから出勤。1限では社会福祉と関連領域ということで、今日は就労と福祉の関係に絞っての授業。その中でも、障害者とホームレスの雇用について、話とビデオを交えながら。振り返りレポートを読むと、しっ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/15 11:52
書籍の改訂作業
今週は予定がびっしりで忙しい一週間。ただ今週を乗り切れば、一息つける算段ではある。1限から授業、会議、授業などが続くわけだが、2012年に出した社会福祉の入門書(単著)の原稿が返ってきた。この2年あまりで、めまぐるしく社会保障・社会福祉の制度改定が行われたので、それらにまずは対応させなければならない。しかし、制度改定というよりは、制度改悪というものも多く、来年度からは(このまま選挙結果がいけば)大きな福祉削減が待ち構えているということになる。現時点で把握できているものは織り込んだが、施行されない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/08 11:53
日本社会福祉学会全国大会参加&都電荒川線
昨日から東京へ。早稲田大学で開催の日本社会福祉学会全国大会に参加。発表はなしで、報告を聞いて質問もする。参加した分科会は「家族福祉」の分科会。「家族福祉」の定義が定まっていない日本の福祉の現状の中(私自身としての定義は打ち出しているのだが)、家族に関連しつつも、他の分科会のテーマにはぴったりはまらない発表が集められてきているという印象は拭えない。地域福祉が活況を呈している中、それとの両輪であるべき家族福祉もがんばらないといけない。さて、早稲田といえばやはり都電。東京メトロで行くのがノーマルなのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/30 16:33
医療的ケア児者の地域生活保障
朝から、設置申請と教務に係わる事項で学内を走り回る。今日中に何とか決着をつけることができた。設置申請は時間との闘いなので、なかなか大変。12月15日発売となっているのだが、Amazonで購入できたので、こちらの本を入手。これから読むところだが、自分のテーマとも実践とも係わるもの。支援学校で医療的ケアを受けてきた障害児が大人になり、通所施設やグループホームでの医療的ケアが大きな課題となっている。先進的ということではなく、医療的ケアが必要でも普通にグループホームが利用できる社会にしていかないといけな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/27 16:47
長女のショートステイ初体験
昨日から今朝にかけて、長女は初めてのショートステイでお泊まり。通所先の施設は、重症心身障害者はもうからず、職員が育たないという理由で重症心身のショートステイを休止。抗議の結果、再開はしたが、夜間看護師がいないからということで、医療的ケアやてんかんの障害者はお断り(高槻市役所とも話がついているとのこと)。ということで、ショートステイが利用できない4年間を過ごして来たわけだが(長女は家で吸引したこともないし、てんかんのダイアップ坐薬を使うことも最近はないのだが、重症心身=看護師という感覚のよう)、今... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/23 12:32
で、来年度の社会福祉制度は?
今日はゼミの日。4回生ゼミでは卒業アルバムの撮影。12月初旬の卒論締め切りも近づくとともに、1月末の社会福祉士国家試験も迫ってきている。もうすぐ卒業とは時間のたつのは早いもの。さて、消費税増税の延期、衆議院解散ということらしいが、消費税増税分をあてるとなっている来年度からの社会福祉(社会保障)制度はどうなるのか。子ども子育て新システムとか。現在、こちらの本の改訂作業中。法改正などを最新にしたり、来年度から変わる予定のものも織り込んで修正し、出版社に送った所だが、なんだか不透明になってきた。党利党... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/14 13:24
書籍の改訂
出張から帰って、たまっている雑用の一掃と会議など。2012年に出した書籍の改訂作業に入っている。まだ2年半しかたっていないのだが、この間の社会福祉や社会保障関係の法改正等は非常に多く、制度に関わる部分はあわせて改訂していかないと書籍の意味をなさなくなってくる。ということで、資料の裏付けを取りながらの作業に入る。ただこのようなテキストにばかりかかっていると、国の制度の後追いになってしまい、何のための社会福祉学なのか、という点が見失われがちになる。そこはしっかりと押さえておかないと。というのも、法改... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/06 15:15
肢体不自由児・者への支援
火曜日は1限から授業。1限は特別支援教員免許の科目である「肢体不自由児・者への支援」。これでも、特別支援教員養成課程の専任教員(3人必要)にカウントされている。教育課程など、色々と説明しなければいけないこともあるが、実際の場面を学校や学校以外の生活場面も含めて見てもらうことが非常に重要。ということで、撮影した長女(肢体不自由+知的障害+てんかん)の学齢期の色々な場面を切り取って、授業に活用している。こういう形でホームビデオが活用されることになるとは、当時は夢にも思わなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/04 11:10
災害時要援護者支援事業
住んでいる高槻市の健康福祉部から、災害時要援護者支援事業の案内が来たので、早速申請。これは災害が発生した時に自力で避難することが困難な人の情報を各地域の団体に行政から提供し、地域住民での支援活動に活かそうというもの。対象者は一人暮らし高齢者や介護保険要介護度4・5、身障手帳1・2級、療育手帳A、精神保健福祉手帳1級など。長女は身障手帳1級でかつ療育手帳Aなので該当、支援を希望するとして「同意申請書」を提出した。ただ、住んでいる地域の高齢化は極めて高く、支援を必要とする人が多数いることが予想される... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/03 12:28
医療的ケアの必要な方のグループホーム勉強会
1限の特別支援の授業を行ってから急ぎ地元高槻に戻り、12時から富田ふれあい文化センターで「高槻の重症心身障害者の福祉を考える会」主催の医療的ケアの必要な方のグループホームの勉強会へ。作成した資料を元に講演、そしてフリーディスカッション。保護者だけでなく、法人の理事長さんや施設長さん、職員さんなども参加。これが、医療的ケアの必要な重症心身障害者のグループホーム設立への第一歩になればと思う。しかし、最近の高槻市の障害福祉行政、ちょっとおかしいんじゃない、っていうことでは、立場を超えて皆さん一致。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/07 14:58
日常生活用具の給付券
重度の障害のある長女の日常生活用具(紙オムツ)の給付券が福祉事務所から届く。業者に連絡するとともに、次回の給付申請のために朝一番に市の福祉事務所へ。給付券により給付を受けている紙オムツだけでは正直枚数が足りない時もあるので、その場合はAmazonで自腹で購入している。しかし、本当に高い。日常生活用具給付で本当に助かっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/03 10:46
グループホーム訪問
前回の関東地方のグループホーム訪問に続いて、今日は関西地方のグループホームを訪問。医療的ケアの必要な方を受け入れているグループホーム。色々とお話をうかがい、意見交換もできたので貴重な機会となる。忙しい中、時間をとっていただき、ありがとうございました。資料に一通り目を通し、現場の話も色々聞けて、課題は明確になってきたのだが、医療的ケアを持つ重症心身障害者の今後の生活をいったい国はこれからどうして行こうとしているのかが、明確な施策という形で見えない感じがする。とりあえず、つぎはぎで切り抜けようとして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/09/05 15:48
グループホーム見学(関東へ)
今日は関東地方のグループホームに日帰りで行ってきた。医療的ケアが必要な重度の障害者の方々が地域の中で暮らしておられるホーム。地元高槻でもこうしたホームを作りたいという思いと、光が当たっていない医療的ケアが必要な重度障害者のグループホームに研究者を含めた福祉関係に関心を持ってもらいたい(論文に)という思いから。お話を伺っていて、施設運営に関わりすぎて、自分自身の中で忘れかけていた福祉の視点、普通の暮らしを当たり前に地域でということから積み上げていくということに改めて気づかされる。お忙しい中、ご対応... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/27 17:49
ガイドヘルパー養成研修
今日は地元高槻での知的障害者ガイドヘルパー養成研修の講師。会場は本当に地元で出身小学校の前。最近体調不良なのだが、しゃべると元気が出てくるのが職業柄不思議な所。明日は朝早くから関東地方へ、グループホームの見学へ。事前に色々と資料を送っていただけて、大変助かる。とても楽しみ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/26 12:41
障害者総合支援法報酬編
試験週間。月曜日はずっと1限から授業だったのだが、レポート課題としたので試験はなし。よって朝は急がなくてよかったので、整形のリハビリを受けてから出勤。いつものごとくマイクロ波の温熱と電気ビリビリ。今日は試験監督には当たっていないので論文執筆に専念の予定だったのだが、出勤してみると、雑務があったり、来客があったり、学生が来たりと色々なことがある。現在、障害者のグループホームについて、本格的に調べているのだが、それの前提となる報酬について、こちらの本が今日、届く。指定基準編はすでに出版社から送っても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/04 14:30
新刊書
相変わらずドタバタの日々だが、今日と明日は高槻まつり。子どもの出ない高槻まつりというのは、もう10年以上ぶりという感じ。保育園でも出てたし、中学でも演奏で出てたし、3人の子どもが間隔を置いてでていたので、ずっと関わっていたという感じがする。さて、7月30日に刊行された新しい著作がAmazonに出た。今回はテキストではなく研究書なので、大量に売れるということは考えにくいが、一応これまでの家族福祉論研究をまとめて、一旦区切りをつけたというもの。また、こだわってきた社会福祉理論研究にも触れている。ぜひ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/08/02 08:55
論文下書き執筆中
授業は来週の火曜日まであり、この土日はオープンキャンパスで両日出勤で、いつもでも忙しい日々だが、合間の時間を見つけては論文の下書きに入っている。締め切りは10月末。資料収集は終わっているので、それらをベースに組み立てていく。出版されしだい送ってくれるよう依頼していた2014年版の障害者総合支援法事業者ハンドブック(指定基準編)も、今日届いた。現場へのヒアリングも予定しているので、とにかく勉強も兼ねての執筆。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/24 15:51
社会福祉士国家試験「現代社会と福祉」
授業の合間に後期の授業の準備に入る。担当する社会福祉士国家試験対応の「現代社会と福祉」は中央法規のこのテキストを毎年使用。今回、第4版となり、内容も細かな所が修正されたので、後期の授業の内容も変更。後期は大変忙しくなることが予想されるので、ある程度のレジュメを15回作っておいて、直前に見直すという形で組んでおかないと不安でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/22 15:18
障害者総合支援法
今日は休日。復習の意味も込めて、改めてこの本で障害者総合支援法の全体像の頭の整理。しかし、理念が立派で細かな所まで気を配っているといっても、机の上での整合性であって、また実際の報酬での担保がなければ、本当に絵に描いた餅。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/13 11:11
グループホーム見学
午前中は地元高槻で、この5月に開所したグループホームを見学させていただき、お話しをお伺いさせていただく。開所直前に急逝された当時の理事長さんとは長いつきあいだったので、開所を見ずにというのは無念だったと思う。重症心身障害を中心とする肢体不自由の障害者のグループホームで、市内ではこの種のホームははじめてだと思う。人員不足、看護師を雇用するだけの報酬が出ない、医療機関との連携の3点が、この種のホームの共通課題になっていると思う。医療機関との連携はしっかりとられているようだが、やはり報酬単価の低さや人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/04 13:39
新しい研究テーマに
今日は午後から授業。午前中は研究時間に充てれた。書籍の最終校正が完了して、ここ10年位やってきた研究テーマに一区切りついたので、今日から新しい研究テーマに取り組むことに。まずは先行研究の読み込みから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/17 14:56
サービス利用計画書
長女の個別支援計画を作成するという話になるのだが、まあ両親とも福祉に関わる人間ということで、こちらのセルフケアプランの例に従って連れ合いが作成。しかし援助計画の目的を達成するには欠かせないショートステイが全く資源として存在せず利用できない、ということも当然織り込んでいる。社会資源を創出するのは行政の役割である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/06/08 17:03
心身障害者扶養共済制度
現在加入している心身障害者扶養共済制度の減免手続きの案内がきたので、改めて案内を読み返す。結局、親が死んだら障害者であるこどもに年金が入るという制度なのだが、その際には請求申請が必要となるので、案内に書いてある通り「周囲の方がこの制度に加入してあることを、ご存知でなければ、年金を受け取ることが出来ない事態」というのは、すごく想定される。後見人等体制を整えておかないといけない。どうも、これまでの障害者関連の仕組みは、先天的な障害者はそんなに長生きしないという想定のもとに作られていたような気がしてな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/31 17:49
社会福祉法人理事会
今日の午後は地元のこちらの社会福祉法人の理事会に出席。昔はこの先のH女学院で教えていて、そこまで登り坂をすいすい自転車で行けたのだが、今ではもう押して登らないと無理。年齢を感じる。どこの法人の理事会に出てもそうだが、現場の実情と厚生労働省の方針やら指導との矛盾ばかりを感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/18 17:11
書籍の校正作業
午前中は大学祭実行委員会のメンバーと、大学祭での鉄カフェ企画の打ち合わせ。メンバーも少しづつ増えてきて、これから話し合いを重ねる感じ。午後からは授業となる。出版社から、出版予定の単著のゲラがあがってきたので、校正作業へ。期限は二週間。なかなか時間がとれない中だが、集中して仕上げないと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/05/09 13:15
車椅子用のスロープ
水曜日は非常勤先での授業。長女は車椅子に乗っていて、日常的に押しているので、車椅子でのアプローチについては、いつも気にかかっている。非常勤先の授業で、いずれ、車椅子のゲストを連れていこうと思ってるのだけど、この鋭角で狭いスロープの曲がり、大丈夫か。新しく作ったにしては、利用者のことを考えてるようには思えないのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 14:02
障害者施設第三者委員とブキーボード
今日は、終日障害者施設での第三者委員としてのお仕事(といっても、もちろんボランティア)。自転車でいつもは行く所だけれど、激しい雨で体重も増え気味なので、自宅から歩いて行く。約80分かかった。施設では、午前中改めてだけど、色々見学させてもらう。今日は違う視点での見学だったので、何度も行ってる施設だけど見学の機会はとても良かった。昼食もメンバーと一緒に食べて、午後からは職員抜きで要望も含めてメンバーとの意見交換。正直楽しかったし、また課題も色々とメンバーから提起され、改めて色々考えさせられる。キング... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/26 15:45
よくわかる社会福祉
今日も会議。本当に必要な会議なのかなと首をかしげながらの出席。授業のない本来春休みの期間が会議で埋まっている状況。さて、この3月20日に第10版が発売となる「よくわかる社会福祉」の献本が届いた。最初の版から分担執筆している。社会福祉制度は毎年のように変わるので、その都度の書き直しが必要となる性格の書籍。よく売れているようで、「よく売れる社会福祉」である。1回生向けとかは、こうした見開き2ページで完結、みたいな方がよいのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/17 12:56
社会福祉士国家試験現役合格率
きょうが 今年度最後の入試で終日出勤。その先にはすでに春のオープンキャンパスということで3月から次々年度の学生募集がスタートする。本当に年中、息を抜く暇のない状態。昨日の社会福祉士・精神保健福祉士の合格発表、さっそく大学のホームページにアップされている。ランキング表のアップというのも、他大学を刺激しそうだが、入試広報とすれば、大きな宣伝要因になったということなのだろう。私のゼミ6名では、1名は介護福祉士領域なので介護福祉士資格をとり受験せず、5名社会福祉士受験の内3名合格、1名は精神保健福祉士と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/15 08:48
告別式
午前中の会議を終えて、地元高槻での告別式に参列。肢体不自由児者父母会会長で、高槻市障害児者団体連絡協議会副会長、社会福祉法人時創福祉会理事長の岸本さんの告別式です。これからという中での突然の訃報に言葉もありません。この4月にはグループホームもできて、これからという中でのことで残念でなりません。沢山の参列者で岸本さんの偉大さを改めて感じさせられました。十数年の障害当事者の親としての活動を通じての交流だっただけに、残された者は頑張らないといけないという思いを強くしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/12 15:16
社会福祉法人理事会
今日も地元高槻の某社会福祉法人の理事会・評議員会に出席。大変勉強になるが、予算案がでるこの時期は集中するので、日程調整が大変。どこの法人も今回の法改正によるグループホームとケアホームとの統合による夜間の体制と報酬(宿直と夜勤)の問題で混乱状態。厚労省のいうのは正論なんだけど、現場の実情とのずれが。とにかく人手不足。その現状を改めないで正論を言われても困るというところ。問題になっているのは上の画像の話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 17:52
ガイドヘルパー養成研修講師
今日は地元高槻でガイドヘルパー養成講座の講師として講演。勤務先大学の学生たちも参加してくれている。その後、学生との個別相談などを経て、大学にて雑務のお仕事。なお浪人中の長男は、今日が最後の入試。既に一つ確保しているので、大学生になることは確定なのだが、本命に向けての一発逆転なるかどうかという所。とりあえず、今日で彼の大学入試勉強は終了。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/04 15:14
知的障害者親の会にゲスト参加
今日は地元高槻の知的障害者親の会にゲスト参加。うちの子どもは肢体不自由と知的障害を併せ持つ重症心身障害なので、こういう交流は大切。しかし、抱えている課題については障害の種別を超えて同じであることを改めて実感。昼食までご一緒して、急ぎ大学へ。14時半からは大学で重要会議。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/25 13:54
書籍原稿
今日は学内雑務の「邪魔」が入らなかったので、昼食抜きで5時間、研究室で書籍の執筆に没頭できた。これまで書いてきた紀要をベースに加筆・修正したもの。とりあえず、最後まで行った。来週は引用等の細かなチェックに入る。やはり、学内雑務と違って、充実感や達成感がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/21 14:59
家族難民
採点は一段落。シラバスは、自分の科目は完了で、後はまとめ役として、他の方の執筆を待つのみ。今日も午前中は学内調整。そろそろ執筆作業に復帰しないといけないのだが、こちらの書籍を購入。これから読むこととなる。現実の家族の現状と、首相以下周辺の家族イデオロギーのズレが、とんでもないことを引き起こしているように見えてならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/12 14:38
高槻市障害児者団体連絡協議会の新年互例会
金曜日としては今年度最後の授業。何とか無事に終了。1限の家庭支援論、受講生は少なかったが、最後のレポートを読むと、伝えたかったことがしっかり伝わっているようで一安心。5限までの授業を終えて、急ぎ地元高槻にかけつけ、お招きいただいた高槻市障害児者団体連絡協議会の新年互例会に出席。高槻市長、辻元衆議院議員なども参加、あいさつ。議員、行政、福祉関係など様々な方が出席。行政の人は入れ替わりが激しいので、旧知の人はほとんどいなくなったが、古くから付き合いのある議員さんや、日頃お付き合いがあったり、久しぶり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 21:59
書籍の執筆
今日は時間的な余裕が少しあったので、研究室で書籍の執筆の再開。今回のは絶対に売れない自信のある専門中の専門書。でもやっぱり、世の中には問うておきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 13:50
書籍の「はじめに」
午前中は空きなので、現在構想中の書籍の執筆にとりかかる。問題意識は明確にあるのだが、うまく言葉にできなかった。けれど昨日の夜、お風呂に入りながら考えていると一気に整理がついてきたので、風呂上がりに箇条書きで項目を書き出す。それを踏まえて、今日の午前中では2時間集中してとりあえず「はじめに」の部分を書き終える。執筆のツールは基本的にはポメラ(DM100)、パソコンの場合はWZEditor(VZの時代から使っている)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/19 12:05
執筆再開
色々と学内仕事があったので(今でもあるけど)、一時中断していた書籍の原稿執筆を再開。アウトラインを作って、ああでもないこうでもないと入れ替え作業。元になるある程度書きためた原稿はあるので、うまくまとめていけるか。今回は絶対売れない専門書にトライしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/12 13:17
「人口減少時代の家族観再考」
今月の『社会福祉研究』の特集は、「人口減少時代の家族観再考」。自分のテーマと直接関わるので興味深い。(これから読む。)「『家族福祉論』研究の課題と展望」というのもあるので、どういう話になっているか。しかし、論を論じる場合、社会福祉においては、それぞれのフィールドを引きずらざるを得ないところがあり、そこからどう抽象化・一般化した論を組み立てられるかが課題となる。それは社会学でも同じなのかなあ? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/05 15:18
社会福祉六法
昼休みに加除式の社会福祉六法の差し替え作業。法令の変更などがあるたびに送られてきて、差し替えをしている。どう考えても、読んで活用している時間より、差し替えてる時間の方が長いのだが、必要な時は必要なので、今日も惰性で黙々と差し替える。しかし分量が多いので、結構時間がかかる。加除をやってくれる人が来てというのも込みのものもあるのだけど、それはあまりにもったいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/29 13:23
書籍のアウトライン
今日は比較的時間の余裕がある。とりあえず科研費の申請書類の方が終わったので、構想中の書籍のアウトラインに書きためたものを落とし込む作業。これから時間をかけての作業となるが、何とか年度内には形にしていきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/22 12:24
紀要の原稿
木曜日なので会議日だが、午前中は珍しく会議がなし。午後からは4つの会議の連続で13時−19時。毎年、一応書くことにしているのだが、大学の紀要の原稿締め切りが今月末。書き上げてチェックも済ませたので、完成。このテーマについて書いてきたが、これで一区切り。できればまとめた形にして区切りとしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/17 11:48
「グループホーム」の展望
昨日が祝日だったので、今日は月曜日定例の会議が順延。さて、長女は現在、通所施設に通っているが(通所施設に通える状況づくりまでは何とかこれた)、ショートステイはお断り状態で、市内ではめどが立たない(医療的ケアを理由でのお断り)。ショートステイのめどがたたないのだから、当然暮らしの場となるべきグループホーム(現ケアホーム・・次年度よりグループホームに統合)の展望が全く見えない。仲間たちは、市外の離れた入所施設しか展望がないという状況。しかしどう考えてもこの現状はおかしい。今後の方向性は、どのような障... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/15 13:13
校正作業完了
1限から授業。空きの3限も会議なので、時間がとれるのは2限のみ。恒例となっている書籍の校正作業。福祉は制度の変更が毎年あるので、入門書は常に書き換えなければならない。分担執筆している部分の校正の依頼が来ているので、隙間時間に作業。資料は事前に用意していいたので、ひたすら原稿の修正作業。ともかく、データを最新に。「速達」の返信用封筒がプレッシャーを与える。とりあえず終えたので、また明日からは科研費の作業に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/07 14:02
書籍改訂の原稿依頼
久しぶりに休み。夕食の買い物とコーナンに行った以外は自宅で、たまっている録画番組を一掃。明日はお出かけなので。さて、書籍の改訂の依頼がやってくる。よく売れている書籍。当然のことながら、速達切手が貼られた返信用封筒入り。科研費の申請書類作成の時期と重なるので、なんだか気が重い。来週は学内仕事も色々懸案事項が降りかかってくる予定なので、それもあわせてますます気が重い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/05 20:27
社会福祉特論
後期は金曜日が一番授業がタイトな日。1限、4限、5限が授業で、3限がオムニバス担当。3限は社会福祉特論という科目で、4回生対象の社会福祉士国家試験対策の授業。専任教員がオムニバスで担当している。私は、現代社会と福祉、社会理論と社会システムを担当。前者は授業として担当しているもので、後者は元々の出身が大学の社会学ということによる。今日は現代社会と福祉の日なので、私の担当。ミニ試験と講義を実施。国家試験合格に向けての大きな山場にさしかかっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/04 17:58
日常生活用具の給付申請
木曜日なので朝から会議、そして来客。次年度入学生から新しい入学前教育を行うので、提携する業者との打ち合わせ。最後の会議は夕方からキャリア開発委員会。昼前後は時間が空いたので、地元市役所で長女の日常生活用具給付の申請の手続き。この種の継続の手続きで、市役所障がい福祉課に出向くことが多い。後の隙間時間は科研費の申請に向けての準備。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/03 18:05
科研費の構想
今日は授業等がない研究日なので、こもって科研費申請のための構想を練る。本来の専門は文献による理論研究なので、本当に書籍や論文の取り寄せの費用くらいしかかからない。助成金では、重度重複障がいの長女のこともあるので、そのことと専門の家族福祉をクロスさせた部分を行うこととしている。障がい者福祉が専門ではないので、辛いところでもあるが、家族という当事者の部分を活かしたものを何とか考えたい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/02 19:59
社会政策
休みなしで月曜日の1限からの授業は辛い。1限は社会福祉士国家試験の「現代社会と福祉」対応の科目なので、内容は難しい。今日は古川氏の有名なこの図の説明がメイン。目の前の実践と密接に関わる社会政策という概念に持って行くのに、ビデオも交えてあの手この手。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/30 13:36
国民の福祉と介護の動向
今日は終日研究室。前期の成績結果を受けてのゼミ生との個別面談、それに社会福祉士国家試験受験のために証明書を大学に取りに来たゼミ卒業生と雑談もろもろ。毎年購入しているこちらの冊子。旧の名称は国民の福祉の動向。昨年度購入し忘れたので購入しようとしたのだが、amazonの中古で 49,945円の値が付いているので、どうしたことかと思ったが、官報販売協同組合の方で定価で購入できた。現在発売中のものと併せて2冊。制度の動向や統計資料などのチェックに有効な資料となる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/24 14:59
「よくわかる社会福祉」
分担執筆している「よくわかる社会福祉」、2002年に初版だけど、よく売れていて現在第9版。また新しい版をだすようで、執筆部分の見直しをしていかないといけない。ヒットするってこういうことなのか、確かに分かりやすいので、1回生対象の社会福祉導入科目にはぴったりだろう。でもニーズの高まりとは別に、国の社会福祉軽視政策のせいか、高校生の福祉分野への希望はどんどん減っている感じだし、そのくせ今年の社会福祉士国家試験はむちゃくちゃ難しくするし、いったいどうなってしまうのだろう。福祉現場の実情について、今の政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/13 15:55
日本家族社会学会大会と静岡鉄道
今日は静岡大学で開催される日本家族社会学会の大会に参加のため、静岡へ。地元高槻は朝激しい雨だったけど、静岡は晴れで暑い。せっかくなので、乗ったことのなかった静岡鉄道で新静岡・新清水間を往復してから会場へ。社会福祉系の学会ではないので、知りあいはほとんどいないのだが、それでも久しぶりにお会いする方々が何人か。学会に行くといつでもそうだが、大学は大変とか、就職先がないとか、そういう話題に。午後からは自分のテーマに重なる「家族からの自由/家族への自由」のテーマセッションに参加。社会福祉系の学会とはまた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/07 17:58
特別障がい者手当
明け方の地震で目が覚める。家族で気づいたのは私だけ。朝一番は、高槻市役所で、この時期のみ受付の長女の特別障がい者手当現況届の提出。でも同じ市役所内何だけど、障害年金を受給してることと、いくらもらっていることの証明書類を揃えて提出しないといけないというのは、なんか不思議。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/27 15:45
ガイドヘルパー養成講座
今日は朝一番にある社会福祉法人の理事のお仕事をしてから、地元の高槻現代劇場でガイドヘルパー養成講座の講師のお仕事。本務校の学生も数名受講している。余暇活動の場は、日中活動の場、生活の場とならんで3つの社会生活の場なので、しっかりと学んで欲しい。その後は大学に戻って、会議。大学での仕事も色々とあって結構この時期でも忙しい。暇な人は暇なんだろうし、期限を過ぎても成績入力していない教員も若干いるようだし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/08/20 15:20
出版社との打ち合わせ
3,4,5限と授業。「肢体不自由児・者への支援」の授業では、重症心身障害児・者のビデオを使ったので、長女のこととだぶり、あつく語ってしまった。授業終了後は、出版社との打ち合わせ。『社会福祉の視点』↓、予想外に売れたようで、増刷が決定。著者としてはうれしい話。現在論文執筆中で、それが終われば、これまでの論文を整理して、著書にできればと考えている所。 http://www.amazon.co.jp/%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%A6%8F%E7%A5%89%E3%81%AE%E8%A... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/12 19:05
高校訪問
7月に入ったので、学生募集の一環の高校訪問あいさつまわりが本格化。地元高槻担当なので、朝から自転車で高校をまわる(長男の母校も含まれている)。7月のオープンキャンパスが勝負になるので、そのあたりの宣伝も含めて進路指導室の先生と色々とお話をさせていただく。。しかし、いずこも高校生の間では、看護希望が激増、福祉希望が激減、保育は一定安定、という所。大学ということを超えて、この福祉の状況は深刻。福祉は社会的イメージが悪いので保護者が子どもを行かさないという声を聞く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/02 11:36
理事会
午前中は打ち合わせと読書。少し余裕のある午前だった。午後からは3,4,5限と授業でフル稼働。4,5限のゼミでのそれぞれの学生の発表はしっかりできていたので、まずは一安心。授業を終えて大急ぎで地元の高槻へ。高槻市障害者福祉センターでの社会福祉法人の理事会に理事として出席。地元の障害者福祉ということでは狭い世界なので、知りあいの方が評議員も含めると何人も。帰宅途中の道には來來亭があるので誘惑を受けるが、がまんして自宅に直行。遅めの夕食。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/28 21:32
知的障がい課程ガイドヘルパー養成研修
今日は3限の会議がなかったので、まだましなのだが、1、2、4、5限の授業でくたくた。そろそろ年齢的にハードな時間割は限界かと。また恒例なのだが、地元高槻で知的障害者のガイドヘルパーの養成講座があり、案内が送られてくる。私も講師として参加。1回生に呼びかけて関心のある学生に資料を配付。社会福祉学科以外でも結構関心を持ってもらえている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/24 16:15
重いDVD
実は悩んだのだけれど、重い内容のDVDを授業で使う。1,4,5限の同じ内容を3コマ行う授業。振り返りの記述を毎回してもらっているので、目を通すがやはり重たかったよう。堪えた学生もいたよう。でも伝えたかったことが、多くの学生に伝わったことがよく分かったので、その点はよかったのかなと思う。いつもどこまで踏み込むのか、どう伝えるのか、虐待のテーマの授業では頭を悩ませる。ただ、最終的には、この問題に、対人援助の仕事をする以上は向き合わざるを得ないので、どこかの時点で向き合う必要はある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/06/10 19:22
社会福祉法人理事会
今日は午後から授業をして、その後急いで地元高槻へ。高槻の障害者福祉センターにて、社会福祉法人の理事会に理事として参加。決算のこの時期はいくつもの社会福祉法人の理事会が集中してくる。いくつか理事会に出席しているのだが、法人によって、こうも経営やら運営が違うのか、という発見があって、大変勉強になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/31 17:45
非常勤先での授業(感想や意見)
水曜日は非常勤先の国立H大での授業。福祉の授業がほとんどなく、あっても制度政策系なので、非常勤として個別的実践を中心とした現場に根ざした福祉の授業をしようと心がけている。言葉だけではなかなか通じないので、毎回ビデオ教材も使用。今日は4回目の授業なので、感想や意見を書いてもらう。政策を中心に理念の部分は入っているけれど、実際に現場はどうなのか、という部分を埋めるというこちらの意図は伝わっているようで、少しほっとする。公務員になる人も多いのだろうから、何とかこの埋める部分を大切にしていきたい。でも、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/08 14:52
成年後見の申立て
今日は非常勤先大学がいちょう祭で休みなので、午前中は長女の大学病院へ。午後からは長女の成年後見の申立てで、連れ合いと家庭裁判所へ。書類を渡して、面談までの間は成年後見のビデオ鑑賞の時間となっている。なお、このビデオの出演者はウルトラマンタロウの篠田三郎。しかし、申請書類作りは大変。また、面談もすぐに終わると思っていたのだが、二時間以上かかる。とにかく大変な成年後見の手続き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/01 16:10
久しぶりにちょっと研究時間
新学期が始まる前の春休み期間は、大学の中期計画策定に忙殺され、新学期が始まると担当コマ数が増えた授業やその準備、振り返りシートのチェック、そして教務関連(業者とのやりとりとか諸々)の仕事でドタバタだった。今週に入って、新学期始まりのドタバタも少し一段落し、一週間のペースも安定してきて余裕が少しでてきた。久しぶりに空き時間に研究書の読書。教育も活動もミクロな部分に集中しているので、こうしたマクロな政策の議論はには、頭が切り替わってすがすがしい気分になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/23 13:43
水田さんお通夜
高槻で障害者施設を運営する社会福祉法人友遊福祉会の理事長で、高槻市障害児者団体連絡協議会や高槻手をつなぐ親の会を引っ張ってこられた水田泰滋さんの訃報が今朝、飛び込んできました。何度も飲み会でご一緒し、昵懇にさせていただいていただけに、残念でなりません。夜にお通夜に。施設関係、当事者運動関係の人たちの参列が多数。シャープな理論派だっただけに、高槻の障害者運動にとっては大きな損失です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/14 20:40
社会福祉法人理事会
年度末、おしつまってきた。大学の色々な仕事、年度内に片付けないといけないことや、新年度早々に開始されることなど、ばたばたと取り組んでいる。職員の方は人事異動が行われるので、この時期に物事を進めるのはなかなか難しい。特に教務課は一番忙しい時期だけに、人事異動は正直大変である。午前中から昼にかけて、学内で事務的な仕事を各セクションと調整しながら片付けた後、午後からは社会福祉法人の理事会へ。この時期は、様々な法人の理事会ラッシュで、現在3つの理事会に出席。こちらはこちらで大変重要な仕事なので、きっちり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/27 12:04
社会福祉士国家試験合格発表
本日は社会福祉士・精神保健福祉士国家試験の合格発表が13時から。学内の仕事をしながら結果発表(HP)を待つ。結果、全体の合格率は20%台後半から、今回一気に18.8%に。うちのゼミは、常に複数の合格者を大学開学以来出し続けてきたのだが、今回初めて合格者ゼロに。うーん。どこも軒並み合格率が低いので、これにめげず、来年再チャレンジしてくださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/03/15 15:20
福祉実習懇話会
午前中は研究室で、来週のガイドヘルパー養成講座講師の講義資料づくり。午後からは実習先施設との実習懇話会。新大阪の大阪ガーデンパレスが会場で、社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の実習施設との懇談。私は社会福祉士養成部会のシンポジウム「相談援助実習におけるソーシャルワーク実習のあり方について〜実習計画書の活用法を通して」に聴衆として参加。実習計画書にまつわる現場・教員でのディスカッション。現状とあるべき姿、双方をふまえながらの議論。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/02/12 21:44
社会福祉士国家試験
今日は、社会福祉士国家試験の試験日。ゼミ生ほか、多くの教え子の学生や卒業生が受験。できる限り、毎年大阪会場に応援に行っているのだが、今年は連れ合いの仕事の関係で、子どもと留守番。今年の4回生は、昨年にくらべてやや不安もあるのだが、それを吹き飛ばして健闘してほしい。ゼミ生5名も受験したのだが、さてどれだけが合格してくれるだとうか。少なくとも3名の合格を期待しているのだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/27 19:32
渡辺武男先生
写真をあげて良いのかどうか分からないのだが、沢山写真を飾っている研究室の中の一枚。同志社の院時代の恩師渡辺武男先生の写真。ちょうど先生が社会学専攻から社会福祉専攻に移られた時に、院に入り、修論と博論を主査としてご指導頂いた。ご自宅にも伺ったし、大変お世話になった。私が院を修了した後、若くして突然に亡くなられた。ご存命なら、同志社の社会福祉を中心でささえておられたはずなので、本当に残念。写真を見るたびに、初心に返ることの重要さを感じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/16 13:25
An Introduction to Family Social Work
次男が昨日の夕方から体調不良。吐き気と頭痛。病院の閉まっている年末年始を子どもたち3人、健康で過ごせたかと思っていたが、最後に落とし穴。でも、一晩寝て回復したようで一安心。でも、私の方が寝不足もあって体調不良。今日出かける予定だった連れ合いがキャンセルして、家にいてくれることになったので、家で休息。昨年に注文していたこの本がやっと届く。本来は年末に届く予定だったので、年末年始に読もうと思っていたのだが、休みが終わってしまった。第3版はだいたい読んだのだが、それの第4版。この分野のこうした入門書が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/06 16:10
社会福祉理論
今日が年内最後の出勤日。久しぶりに研究室に朝からこもって、読書。社会福祉の本質論を再考する、日本社会福祉学会編「対論社会福祉学1:社会福祉原理・歴史」を読む。孝橋理論、岡村理論、三浦理論などを踏まえながらのスケールの大きな話に、頭が久しぶりに活性化。こうした議論も、「社会福祉の拡大」、一方での「社会福祉の危機」の時代には必要。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/12/28 12:14
昼食会
ハービスPLAZA ENTでの昼食会。Facebookつながりの福祉の皆さんと。その内のお二人とはネットでのやりとりは頻繁だけれども初対面。楽しい時間を過ごさせていただきました。写真はハービスから見た大阪駅。中央郵便局が取り壊されて、広大な空き地になったいる。昼食だったのに16時前まで長居をしてしまってお店の方、すいませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/02 16:54
高槻市立養護学校の痕跡
午前中は、市内の障害者施設で常務理事、施設長などとの話し合い。その後出勤。今日行った施設は、以前、長女が通い、私がPTA会長もやった高槻市立養護学校が存在していた場所。市から廃止の方針が出て、大規模な運動の結果、富田小学校内に重度障害児童生徒サポート教室の設置と引き替えに廃止となった。その運動の記録はこちら=>http://www7a.biglobe.ne.jp/~trn/ichiyou/ 敷地内の養護学校がここに存在していたことの痕跡を発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/11/27 13:32
介護者支援
今日は勉強するぞモードで、研究室にこもって、余計なものをシャットアウトして勉強。ずっと家族福祉をテーマに研究してきたけど、家族への支援と家族介護者への支援との関係は、結構日本の場合、あいまいにされている。ということで改めて家族介護者(もう少し広くとって正確に言うとケアラーということになる)支援の資料をまとめて勉強。読んでいるのはこのへんの本。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/23 12:41
日本社会福祉学会全国大会
昨日と今日、関西学院大学で行われている日本社会福祉学会全国大会。昨日は入試で参加できず。長女の体調が悪かったので、今日もやめようと思っていたが、回復したので今日だけ参加。関学は駅から遠いけど、大学らしいたたずまいでいいですね。口頭発表の聞きたいものは全部昨日実施なので、ポスター発表を中心に話しを聞く。また大学院生時代の仲間とかの懐かしい方々とも再会。いずこも大学は大変そうだが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/21 15:30
障害者施設親の会総会
今日は長女の通う障害者施設の親の会総会に参加。色々とあるけれども、重症心身障害者の短期入所問題など。重症心身についての経験のない法人だけに、発言したけれども、現場の支援は謙虚に色々なことに学ぶ姿勢を持って欲しい。医療モデルや専門職主義ではなく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/13 16:36
施設との話し合い
研究日で午前中は連れ合いと一緒に長女の通う施設との話し合い。施設がどうこうという問題ではないことがよくわかったし、色々なことの遠因もよく分かった。施設も大変だなあ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/10 14:18
在宅介護者支援
最近、在宅介護者支援の文献を集めては読んでいる。日本では包括的な介護者支援の法体制が整備されていない。介護保険導入の時に、家族介護への現金支給の議論があったが、社会サービスの拡充を図る観点から見送りの意見が強かった。在宅介護者支援は、日本の家族主義的な土壌からは、介護者を家族に縛りつける方向にいくという議論も十分納得できた。しかし、あれから10年たって、現実問題として家族の在宅介護負担の問題、介護離職といった問題、在宅介護者の自身の社会保障上のハンディという問題が出てきていること、高齢者介護だけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/09 17:09
国民年金保険料の催告状
20歳で障害基礎年金を受けている長女に、国民年金保険料の催告状というのが届いた。保険料が未納になっているので払えというもの。よく分からないのだが、保険料の免除の手続きとのタイムラグみたいなものか、でもその手続きもしたけど、どうも誕生日月だけでなく、その翌月もタイムラグになったようだ。年金の手続きはこうした仕事をしている私でも複雑で、これは普通の人間にはちょっと分からないなあという感じ。乱立する制度をもっと垣根を越えてすっきりとさせるべきだと実感する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/06 16:03
療育手帳の更新
熱の下がった長女は今日から生活介護の通所を再開。朝一番に市役所の障害福祉課に行き、療育手帳(知的障害の手帳)の更新手続きを行う。以前に面接調査を済ませていたもの。新しい手帳の交付を受ける。しかし、色々と手続きがあって、何度も障害福祉課に足を運ばないといかない。また、療育手帳は府の仕事なので、直接の担当は府の障がい者自立相談支援センターということになる。ここがまた大変不便なところにある。その後は出勤して、午前中は教務の仕事、午後からは論文の手直し。今日12時に抽選の合否発表のあった中島みゆきライブ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/28 12:43
障害福祉課での手続き
今日は午前中不動産の契約があったので、仕事は休み。契約を済ませ、長女の将来の居場所づくりに一歩踏み出す。朝一番は市役所の障害福祉課へ。抜けていた自立支援法の受給者証の更新手続きに。福祉サービス、医療費助成、年金、手帳、手当とそれぞれこちらで時期を把握しておいて手続きをしないといけない。福祉やってる人間でも抜けるので、一般の人には至難の技のはず。帰宅すると、その障害福祉課から手当に関する書類が来ており、やはり手続きが必要なので、再び午後から障害福祉課へ。各種手当なんか誰も教えてくれないので、しっか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/22 16:34
施設・法人との話し合い
長女の通う施設・法人と、現在一時停止となっている重症心身のショートステイに関する話し合い。有意義な話し合いではあったが、医療的ケアを伴う重症心身障害者への対応は一つの施設・法人の話を超える。高槻市はお金を出すつもりは全くないようだが、医療的ケアを伴う重症心身障害者のショートステイやケアホームは、市の支援がなければ施設単体ではとても採算が会わないのも事実。運動体を立て直して、議会や高槻市への働きかけをやっていかないと。なお、2009年に作成した『高槻市在住の医療的ケアの必要な重度重複障害児・者をケ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/20 14:34
H大へゼミ生と突入
今日は非常勤先の国立H大の最終授業日。例年私のゼミ恒例となっている、H大で福祉に関心のある学生と私の勤務先大学の学生(ゼミ生)との交流。4名のゼミ生(子ども1名、高齢1名、しょうがい2名)が参加してくれる。前半はH大生を関心分野に沿って子ども、高齢、しょうがいの3つに分けて、それぞれのこちらの学生がはりついて、自己紹介の後、質問を受けて実習を中心とする色々な経験をもとに答えるという形。後半は私がコーディネーターの役となって、学生がパネリストみたいな形になっての発表と質疑応答。やはり実習やアルバイ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/25 15:44
ガイドヘルパー養成研修
今日は職務免除で、地元高槻の知的障害者ガイドヘルパー養成研修の講師。会場は自宅近くの富田のふれあい文化センター。うーん、ぼくらの世代的にはやはり解放会館。公的あセンターなので空調が28度設定。私も受講生も汗だく。大学のほうは、火曜日と水曜日はすでに前期の授業終了。しかし、火曜日はこの前の台風による暴風警報での休講があったので、午後からの授業のみ実施。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/24 13:10
夏祭り
午前中は高槻富田の障害者施設の夏祭りに。たくさんの人出で盛況だが、途中から雨模様になる。写真の右下に小さくはめ込んでいるが、高槻市のマスコットの「はにたん」をかたどったクッキーを購入。後はおにぎりや焼きそばなどの家族の昼食を。午後からは地元の川添祭りなのだが、断続的に激しい雨。次男の所属するジャズバンドの野外での演奏。いつもは長女の車椅子を押して行くのだが、今日は雨模様なので長女と留守番。午後から高槻には大雨洪水警報が出ており、施設や地域、あちらこちらで夏祭りが行われている土曜日としては恨めしい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/07/21 16:29
障がい児福祉手当の資格喪失
今日と明日は連れ合いがお出かけなので、長女と自宅で留守番となる。本日、障がい児福祉手当の資格喪失通知が福祉事務所より届く。改めて、長女が二十歳になったことを実感。そもそも福祉事務所からの郵送書類の封筒の宛名も長女の名前。これまでは保護者名だった。これからは成年後見やらケアホームやら、先のことを考えていかないといけない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/14 15:50
社会福祉士受験ワークブック
午前中は大学院の修論中間発表会。今回は主査となる院生はいないので、はらはらしなくても済む。午後からは会議。さて、届いたのは来年1月受験用の社会福祉士国家試験の受験ワークブック。出版社から届く。発売は7月となっている。これから受験に向けての特訓となる。今回の4回生は少し厳しそうなので、これから夏休みも含めて受験対策にがんばらないといけない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/28 14:37
子育てシンポジウム
学会から戻り、今日は勤務先大学の創立記念日。ということで同窓会組織(校友会)の総会。午後からは記念シンポジウムということで、シンポジストの一人として、子育て支援についての講演。子育て一般の話になったので、もう少し時間があれば、経済格差の問題や雇用状況など、社会的な背景について発言できたのだが。階層やジェンダー、民族というファクターを踏まえた議論をしないと一面的になってしまう。夕方からは懇親会。大学が出来て11年目なので、1,2,3期生あたりは子育てを中心とする世代になってきている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/10 15:52
「児童手当」
月曜日はひたすら授業。大講義なので、結構エネルギーを使う。私語が起きないように、大教室内を後の席までうろうろとしながら授業をしている。今日は、ずっとイヤホンで音楽を聴いている学生を発見したが、まあまわりに迷惑をかけてないので、結果は自己責任として注意はせず。何しに来とるんや。さて、「児童手当」の現況届の提出用紙が送られてくる。「子ども手当」が、始まってあの金額が振り込まれた時、これで社会が変わるという位のドキドキ感があったのだが、それも一瞬だった。結局、政治は最大の問題である少子化をそれほど重要... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/04 12:55
個別実践と制度政策の間
水曜日の午前中は非常勤の授業。こちらでは主に制度政策としての福祉などを学んでいる学生を対象。依頼を受けて、できるだけ福祉の生の個別実践が伝わるような授業を心がけている。今日で1/3が終わったので、意見や感想を書いてもらう。午後からは制度政策の授業があるようで、そちらとは対照的になっているよう。当然、福祉においては個別実践と制度政策をつなげることが課題となっているわけで、その架橋をしたいという思いでやっているわけだが、なかなかそこは難しいようで、学生さんもその溝を感じているよう。何か架橋のきっかけ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/16 14:52
法人・施設との話し合い
今日の午前中は、当事者(親)として、障害者施設・法人との話し合い。二度ほど実態調査をしたことがあるが、地元高槻では、重症心身障害児・者の短期入所の受け皿がなく、最重要課題であり続けている。しかし、現実問題として、採算ベースにそれ自体でのるのは難しく、一法人で何とかしろというのも難しい話。契約制度になってなかなか難しくなってしまったのだが、やはり行政(市)として、短期入所の課題を問題意識を持って取り組んでもらい、どのような解決策があるか、法人や当事者と一緒に考えてもらいたい。当事者としても議員を含... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/15 13:49
大阪市に生まれて
今日は長女と留守番。次男は昨日に続き、今日はなんばのスイスホテルでのイベントに演奏で出演。家庭教育支援条例の件は、市長が発達障害についての意見を述べて沈静化したようにも見えるのだが、本質は何も変わっていないし、これで市長の株が上がるというのも非常に珍妙な感じがする。結果、条例は可決されていくのだろうし。私は大阪市生まれの大阪市育ち。現在は大阪市を離れて大阪府下で暮らすが、大阪市の下町で生まれ育ったことにはとても感謝している。そうした大阪市が、こんなに福祉や教育がぼろぼろになるのなら逃げ出したいと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/04 19:17
高槻ジャズストリート
昨夜から、大阪市の橋下維新の家庭教育支援条例にまつわる動きで結局徹夜。読売の記事では実際が分からなかったが、日経の記事で「発達障害の予防」がうたわれていることが判明。その後、条例案の中身が出て、これは騒然。発達障害は親の育て方が悪いので、親を教育して発達障害を予防するというもの。伝統的な子育てをすれば、発達障害に子どもはならないらしい。虐待、不登校、引きこもりなども親の教育が悪いかららしい。これまでの知見を無視したとんでも学者にとびついた橋下維新。発達障害の子どもを抱える親への仕打ちとしてははか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/03 17:11
障害基礎年金の手続き
今日は非常勤先の大学がお休みなので、授業はなし。午前中は長女の大学病院の診察。熱を出していた二人の子どももほぼ復活。大学病院での診察はいつものてんかんの定期診察。最近発作の調子が悪いのだが、相談の結果、調子の悪いときはひとつの薬を飲むタイミングを変えることで対処しようということになる。併せて、この6月で長女は20歳になるので、障害基礎年金受給のための診断書を依頼。しかし、そのためには児童相談所で療育手帳の更新の時に受けた心理検査の結果も必要ということで、児相に電話。後日児相に出向いて結果を受け取... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/02 16:53
出生前診断
今日は休日。たまっていた録画番組を一掃する。昨夜のNHK熱視線での出生前診断の番組。診断で障害が分かったこどもを産むか産まないか家族での議論、そして出産という番組。うちの長女も出生前診断を受けていれば、障害が分かっていたはず。でもこうして生まれて、色々あったけれども、今こうして笑顔を見ると、心底生まれてきてよかったと思う。生まれる前に障害者が抹殺される時代になってはいけない。たとえ障害があっても、家族がしんどさを一手に抱え込むことのないような社会にならないといけない。でも今の大阪は、福祉が目の敵... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/21 17:54
施設の家族会
本日は、長女の通う施設の家族会。長女は別の施設に今日は通うことができたので、夫婦で参加。懸案事項があったが、家族会その他の皆さんの協力を得て、円満な形で一定の解決となる。今後に向けてのいい契機となった。さて、写真は施設で製作しているガレット。自信をもってお薦めできるものである。好評販売中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/14 15:07
非常勤での授業
今日から、非常勤先のH大での授業もスタート。雨の一日だが、モノレールで行くと万博公園の桜は満開。授業の方は予想外に受講生が多く、30数名といった所。雰囲気が全然違うので、久しぶりのここの授業は、とまどいがあって、今日はうまく進められなかったと反省。印象深かったのは、「福祉」と聞いてどういう場面を想像するかと聞いたところ、介護場面と社会保障の場面という回答が多かったところ。本務校の社会福祉学科では、高齢者の介護への関心は低くなっているし、社会保障というのはおそらく想定に入っていないと思うので、興味... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/04/11 12:35
社会福祉士国家試験
社会福祉士国家試験の合格発表から一夜明ける。学生さんは悲喜こもごもだし、意外な学生が落ちたり、意外な学生が通ったりと、ペーパー試験の怖さも感じる。合格発表は13時だったが、15時には厚生労働省から学校別の合格率、合格者が発表され、競合大学などとの比較の表の作成。大学としては、ちょっと手を抜くと一気に合格率が下がる、下がった大学はなかなか浮上できない、というのを下位にあがっている大学名を見ると感じられるので、まさに走り続けないといけないということ。でも、資格取得はスタートなので、これから現場で活躍... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/16 12:58
新刊
今日も色々と忙しい。昨夜、飲み会を終えて帰宅すると、発売されたしばじゅんのライブDVDがamazonから届いていた。断片的に見ていて、寝不足。今日も仕事がぎっしり。午前中は学生との面談、教務の仕事、そして午後からは大学院の修士論文発表会。発表会は長丁場だったが、一応これで区切りということになる。今夜も昨日に続いて夜は飲み会で、大学院の謝恩会ということになっている。さて、今回、頼まれ原稿の共著が2冊と、夏から執筆していた単著1冊をやっていたのだが、単著の方が完成し刷り終わった。社会福祉の入門書で、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/09 17:42
ガイドヘルパー養成研修
昨夜の飲み会の疲れとともに、昨日から歯が痛い。うつらうつら状態でよく眠れず。朝一番に歯医者に予約を入れて、今夜に診察。歯医者はちと怖いが痛さにはしかたない。今日は地元の高槻で、知的障害者ガイドヘルパー養成研修の講師。演習も交えながら楽しくできたが、寝不足と歯の痛みで結構つらかった。会場は高槻現代劇場。現場の人も多いので、こういう形ででも、色々とつながりが増えていくのはありがたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/06 14:25
学校へのエレベーター設置
某市の福祉事業団の事務局との打ち合わせ。この4月から理事になる予定。色々この種の仕事も増えて来るが、当事者としてこうした役割の重要性は痛感しているので、大事にしないと。そういえば、昨日の市議会で、高槻市内の二つの小中学校にエレベーターを設置することが決まったよう。高槻市立養護学校の存続運動の積み残しだった課題が、エレベーターと中学の給食。給食の道筋が見えた今、エレベーターの設置というのは本当に感慨深い。肢体不自由児にとって、エレベーターのない学校は大変である。関係者のこれまでの努力に感謝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/03/02 12:23
家族支援
図書館を始め、色々と依頼していた資料が順次届いて来たので、それらの読み込みと整理。今日はやっと一息で、学内会議もなく研究室にこもって資料と格闘。年に何日あるかないかという研究者的な生活。家族福祉が研究活動の中の大きな柱の一つなのだが、近年家族支援が色々な分野で注目されていて、学術雑誌の特集も相次いでいる。ただ、家族という言葉は当事者に対してケアする人という意味での分脈と、集団なりシステムなりという意味での分脈との2つがあるので、どう使われているのか慎重に取り扱わないといけない。また、支援というの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/17 13:06
人権講演会
午前中は大学院の口頭試問。20分のプレゼンテーションと40分の質疑応答。来週も口頭試問は続く。午後からは府立高校での人権講演会。教職員、保護者対象で、しょうがい者の人権と支援というテーマ。進学校だが、熱心に聞いてくれていた。しかし、高校の同級生でここの教員をやっていて再会したのが二人、知り合いで保護者として参加していたのが一人と、狭い世界である。それはそれで結構やりにくい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/10 18:07
実習懇話会
午前中は出勤して研究室で雑務。来年度のシラバス作成、web入力も、オムニバス科目を除いて終了。引き続き、書籍原稿の校正に邁進。午後からは勤務先大学主催の実習懇話会。社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士の実習でお世話になっている実習先施設の実習指導者の方々を招いての会。3つの福祉士、それぞれの分科会に分かれて議論。私は社会福祉士の分科会に参加。色々と意見交換をさせていただく。色々なつながりも発見されて、有意義な半日だった。学長以下の役職者も来ていたが、実習の意義というものを理解してもらって、教育... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/02/07 21:07
書籍の校正中
現在、3冊の書籍を抱えている。いずれも4月の新年度に向けてのもの。うち2冊は共著で、1冊の校正は完了。メインとなるのが、単著のもので、現在2度目の校正作業中。細かなところのミスも許されないので、慎重なチェックが必要。年度末に忙しい時期に、いつも書籍の仕事が入ってくるわけだが、やはり形になることの意義はあるので営為奮闘中。しかし、社会福祉は毎年制度が変わるので、書籍という形での教科書はなかなかどの時点とするのか、なかなか難しい。いずれにしても、出版社の努力に負うところが大きいので、感謝。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/25 13:33
新年互礼会
午前中1,2限は授業。新年早々ということで、先週の授業はうまくいかなかったので、今日は気合いを入れて、準備万端に整えて実施。どうだったでしょうか。本日は18時から、地元高槻での、高槻市障害児者団体連絡協議会主催の新年互礼会に出席。団体、福祉施設、行政、議員など多くの方々が出席で、名刺交換などを行う。ホテルでのコース料理。あいさつわまりでビールつがれまくりなので、かなり酔っ払う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/20 21:35
同志社大学での発表
今日の午後からは、関西社会福祉学会 若手研究者・院生情報交換会で発表。合計3時間だが、1時間発表して、2時間の質疑応答を受ける。会場は同志社大学新町キャンパス。同志社の大学院を出ているので、懐かしい場所である。しかし、私が通っていた時とは様変わりで、施設は見違えるほど充実しているように見える。今回の会のテーマは「社会福祉における家族と支援のあり方」というもので、私は「家族福祉論の課題」という演目で、これまでの家族福祉論の変遷と、現時点における理論的な到達点、そして課題を整理するという発表を行った... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/01/08 21:53
原稿の校正
今日も連れ合いは終日おでかけなので、自宅で長女と留守番。書籍の原稿の初校が送られてくる。来年に出版する単著の原稿。年末年始に校正をして返送しなければならない。でも社会福祉の制度はころころ変わる現在進行形なので、なかなかどの時点のものを記述するのか、難しいところ。こうした紙の本という媒体での教科書は難しい。もちろん、時代貫通的な内容はいくつもあるので、本当はそういうところを伝えたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/29 20:18
書籍原稿の校正
今日は研究日で授業はないが、原稿がたまっているので出勤して研究室。打ち合わせが1件あっただけで、比較的時間がとれたので、書籍の校正を1つ済ませる。現在、抱えている書籍は2つ。1つは単著、1つは共著。いずれも年末に初校で、出版社から昨日連絡があり、年末年始に作業をということになる。共著の方はずっと出版が遅れていたもので、社会福祉は制度変更のスピードが速いので、何度か書き換えた。大学教員は締め切りを守らない人が多いので、編者は大変。1回やったことがあるが、単著の方がずっと気楽なので、もうやりたくない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/21 17:44
施設のカフェでの昼食
今日は今週金曜日の授業の振り替えで、ゼミ3回生全員で、私の地元高槻へ。昼食はしょうがい者施設のカフェで昼食をとる。メンバーさんが作って、注文、配膳等のお仕事をしているところ。ゼミ生のうち2人は、この施設の横のセンターで、私も講師をした知的障害者ガイドヘルパー講座を受講した学生。その後は、別の法人のしょうがい者のリサイクルショップに移動するが、今日は臨時休業になっていた。残念。今日はぽかぽか陽気で、歩くと汗ばむほどであった。また明日から寒くなるようだが、この寒暖の差はこたえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/14 14:44
市内のしょうがい者施設
今日は大学の方は休み。3番目の子どもが高槻現代劇場で演奏(サックス)するので、連れ合いと2番目の子どもがそちらに。私は長女と留守番。雨なので、車椅子での参加は断念。夕食の買い物、洗濯など。今日レンタル開始の中島みゆきの「荒野にて」もレンタルする。そういえば、昨夜の深夜、中島さんの夜会のプロモーション番組をやっていた。今朝、録画していたのを見る。大阪での公演だが、18,000円というのはやはり高い。夜会のDVDは一つ持っているが。午後からは、市内のしょうがい者施設での会議。最近はこの前の府知事・市... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/12/03 17:02
特別支援教育
研究日だけど出勤。明後日が締め切りの卒業論文の指導や添削。いよいよ追い込み。1人を除いてはめどがついた。そろそろ来年度の授業の準備にもかからないといけない。これまでの社会福祉に加え、新たに特別支援教育の科目を担当(肢体不自由児)することになるので、これまで集めた書籍類の読み込みと整理にかかり出す。大きな変革期にあるので、なかなか授業をするとなると、書籍や資料と現場とのタイムラグがあり、なかなか難しい。社会福祉学科に新設された「特別支援教育・福祉コース」も3年目となり、いよいよ来年度は学生も3回生... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/30 12:15
選挙結果
昨日の選挙結果を受けて、twitter上でも様々な意見。私も結構書き込んだが、福祉や教育の立場の人間、特に障害児・者の当事者(家族)として活動している立場としては大変な危機感を感じている。既成政党批判という文脈も大きいとは思うが、税金のむだをどう省くかという議論が中心となり、税金によって生きることが可能となっている重度障害児・者がこの先大阪で生きていけるのか、つまりトップがどうということではなく、府民・市民レベルで、そうした社会で生きることにハンディを持つ人々に税金を使うことをこれからも許しても... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/28 15:16
講演・発表準備
木曜日は会議日だが、珍しく午前中の会議はなし。午前中は研究室に控えて、ゼミ配属の研究室訪問を待つが訪問は1件のみ。(後は占いが1件。)よって、この空き時間に12月6日の講演、1月8日の研究発表のパワーポイント資料づくりを行う。いずれも、聴衆の層と人数がまだ分からないのである程度最大公約数的な資料を作成。本当は落語(の一部)みたいに、その場のお客さんを見て演目を決めるなんてことをしたい所なのだが、そこまで話の力量もないし、というところ。ちなみに12月6日は生活クラブ生協での講演(ドーンセンター)、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/24 15:42
来年度カリキュラムと担当者調整
月曜日は、午前中が1,2限の授業。午後からは会議。今日は、会議が多く、昼食は16時前となる。教務担当なので、空き時間は来年度にむけての準備作業にかかっている。来年度から3学科が新設で、カリキュラムが大幅に変わるので、調整作業も大変。しかも、文部科学省への申請(学科新設は文部科学省への申請・認可が前提となる)との整合性もあるので、連立方程式状態。今日も、最後の会議は、来年度の新学科の就任予定教員とのそのあたりも含めた打ち合わせ。特にオムニバス授業の調整は、なかなか大変。さて、17時からは、卒業生が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/14 18:20
社会理論と社会システム
朝から長女のてんかんの調子が悪く、大きな発作を繰り返す。ダイアップ座薬を使用。最近落ち着いていただけに、心配させられるが、何とか通常通り通所施設に通う。今日は、1,2,3,4限と授業、5限の時間帯は会議と忙しい一日。昼休みも卒業論文の添削。でも、今日卒論を見たのは1人だけで、早く書き上げて添削可能な状態で持ってくることを待っている状態。3限は、社会福祉士国家試験の対策授業。今日は、社会理論と社会システム(社会学)。模擬問題をやって、解説、そして要点をまとめた自家製の資料でポイント講義。家族とかラ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/04 15:43
子ども手当
連れ合いの体調不良は回復したようなので、今日から義父母と1泊の旅行に出発。今夜から明日の祝日にかけて、家事・介護・育児に専念ということになる。今朝は長女の食事介助と吸入を済ませてから大学病院へ。月に一度の長女のてんかんの診察で、処方箋をもらう。障害者医療の医療証が10月末で切換となっていて、新しいものを連れ合いが訪問看護の方に渡してしまっているようなので、今日は医療証なしでの共済の3割負担となる。めずらしく大学病院が空いていてすぐに終わったので、その足で近くの市役所へ。子ども手当の申請なのだが(... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/02 12:09
社会福祉六法
今日は1限から授業。ゼミ=>講義=>ゼミ。3回生ゼミの発表も、4回生ゼミの卒論最終発表も、いずれも違う学生だけど内容は、摂食障害。この年代にとっては、関心のあるテーマのようで、これまでの卒論でも過去にあった。さて、加除式の社会福祉六法を使っているのだが、昨日大量の差し替えと、新たなカバーが到着。中身が増えたので、全2巻から全3巻となる(一番最初は全1巻だった)。この差し替えはなかなか大変で、結局1時間あまりかかる。どうも使っている時間よりも、差し替えている時間の方が長い社会福祉六法ではある。しか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/28 16:39
大学での発達障害支援
昨日は色々あったのだが、やはり大学上層部の学生の現状への理解不足を痛感する。現場の教職員は日々格闘しているのだが、やはり発達障害が大きな課題となっている。そしてそのアプローチは、身体障害の、申請=>特別な配慮・支援、というものとは大きく異なっている。そして、学習支援や生活支援をセットにしていかないといけない。今日は久しぶりの休日だったのだが、そうしたことが頭に残り、中央図書館などで資料を改めて集めて、大学の上層部に資料をメールで送る。この本あたりの現状から入ってもらうのが、よいのではないだろうか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/16 17:02
社会福祉士国家試験対策
3限社会福祉士は国家試験対策のオムニバス授業で、今日は私はお休み。それ以外の1,2,4限と授業。それ以外は、会議や打ち合わせなどで、夜まで他の時間がとれない状態。なかなか忙しい。社会福祉士国家試験対策だが、残り日にちが写真のようにひめくりカレンダー化されて、貼られている。こうして見ると、本当に残りわずか。対策の授業も佳境に入っているので、学生さんにとっては最後の正念場。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/14 17:45
日本社会福祉学会2日目
千葉での日本社会福祉学会2日目。宿泊は千葉駅前。学会は9時半からなので、せっかくの機会ということで、早めに出て、千葉モノレールに乗る。懸垂型なので、大阪モノレールとは雰囲気が違う。学会は児童の分科会に。虐待の話が中心。丹念な調査で有意義な研究が続くが、家族や社会の変動については、社会学などの知見がやはり必要ではという感じがする。今夜は子どもをお風呂に入れないといけないので、午前中で学会を抜け出して、午後はキャンセル。行きは京葉線で来たので、同じなのはどうかと思い、帰りは総武本線で東京へ。せっかく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/09 20:28
日本社会福祉学会in千葉
今日は朝の家事を片付けてから日本社会福祉学会に出発。会場は千葉の淑徳大学。東京駅で京葉線に乗り換える。新幹線東京駅では、珍しくドクターイエローが止まっていた。学会は、自由研究発表から参加。前半は理論の分科会、後半は児童の分科会へ。理論分科会はやはりエキサイティングだが、社会福祉理論の袋小路状況がよく現れている印象。岡村理論の有効性が政策に逆手に取られているという話になるのだが、結局、社会をどうとらえるのかの問題に収斂するような気がする。来年3月に出る予定の論文に書いたが、孝橋理論の再評価も必要で... ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/08 19:23
社会福祉士国家試験
日曜日オープンキャンパス出勤明けの月曜日、1限からは辛い。10月は土日がほぼつぶれているので、なかなか大変そうである。無意識にそれが出たのかも知れないが、1限の授業、予定より早く、内容を消化してしまったので、早めに終わることに。大学院の修論個別指導やら、ゼミ生の個別面談やら、こまごまとしてことが色々と入ってくる。さて、1月末の社会福祉士国家試験に向けての追い込みの時期。学内には色々なポスターも貼られているし(国家試験まで後何日というひめくりまで出来ている)、私も特訓講座の講師の一人として、「現代... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/03 18:28
今城塚
以前、知的障害者通所施設、肢体不自由児施設のあったところに、今は古墳博物館が建っている。その関連で養護学校がつぶされたり、市立施設がつぶされたりした。最寄りのバス停も福祉センター前から今城塚古墳前に代わっている。今、博物館に来る人の誰も、そうした経緯を知らないのだろうなあ、という感慨を持ちながら、その横を通って、今日の午前中は、長女の通うしょうがい者通所施設の家族会に。知的しょうがいのケアホームの話が中心だが、うちの子どもを含め、少数の医療的ケアの必要な重症心身しょうがい者の取り残され感は強い。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/01 16:10
家族福祉論
金曜日は後期最初の授業。この後期金曜日は、1,2,3,4限と授業なので、こちらとしてはかなりハード。2限は家族福祉論の講義。履修者が49名と多かったので、どうなることかと思ったが、今日の受講生は20数名。履修取消制度もあるので、裏番組の精神や医学の授業に流れたか。予想ではもっと少ないと思っていたが。この科目は、資格必修でもないし、国家試験科目でもないので、内容を自由にやれるので担当者としてはうれしい。今日は児童虐待のビデオを使用しながら、家族への支援について考える。なかなか重たい題材をとりあげて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/30 16:48
吸引:医療的ケア
しょうがいのある長女は、先週の月曜日から熱を出していたが、やっと熱の方は落ち着いた。しかし、ぜんそく気味で、ぜこぜこが強く、本調子に戻るまではしばらく時間がかかりそう。熱を出すと、いつもしばらくぜこぜこが後にひびく傾向がある。ぜこぜこが強くなると、吸引が欠かせなくなる。家には吸引器を常備していて、たんを引いている。このたんの吸引は、医療的ケアといわれ、医師や看護師、家族しか基本的にはできないこととなっている。先日法律が通ったので、来年4月からは介護福祉士なども行うことが条件付きで可能となる。長女... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/20 19:41
止まらない車
今日は貴重な休日。食事、洗濯、買い物などを済ませた後、連れ合いと一緒に車椅子の長女を皮膚科に連れて行く。徒歩で20分程度の所。途中、車の多い道路を横断歩道で渡るのだが、いつもここは難関。横断歩道なのに、ほとんどの車は止まらない。徒歩の場合も、車椅子の場合も同じ。横断歩道では止まらないといけないのだけれど。それ以外は、自宅でのんびりと過ごす。勤務先の大学、新学科の設置は文部科学省大学設置室の届出は受理されていたのだが、先日、言語聴覚士と視能訓練士の養成校の認可の書類が届く。学科の新設だけでなく、厚... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/10 18:06
オープンキャンパス
今日は勤務先大学のオープンキャンパスで出勤。6月から9月にかけては、何度となくオープンキャンパスの開催で出勤。今日は社会福祉学科の個別相談コーナーで個別相談に応じる。今年度最大の訪問者数で賑わう。特に、子ども福祉学科(保育士・幼稚園教諭)と社会福祉学科(社会福祉士・精神保健福祉士・スクールソーシャルワーカー、特別支援学校教諭)が多かった。高3生の具体的な入試に向けての相談が多し。オープンキャンパスは後3回。明日からはゼミ合宿なので、今日はこの後、しっかり休憩しておかないと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/28 15:25
本の原稿
8月も残りわずか。明日は来客、日曜日はオープンキャンパス、来週の月・火はゼミ合宿と予定が徐々にたてこんでくるので、8月中に予定の仕事は今日中にけりをつけるべく仕事。今日の午前中は研究室で大学院生との個別相談。その後は、来年4月に出したい本の原稿執筆。学内業務が少し落ち着いた8月上旬から下書きを進めてきて、今日で何とか最終章までの下書きを終える。これから、図表などをミックスさせながら整理して、全体をまとめていく。その上で出版社に売り込む予定。ただその前に、論文の締め切りが来るので、本の方は一旦おい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/25 17:00
胃ろう
今日の大学院前期最終の授業では、「胃ろう」がテーマ。ビデオを使って、胃ろうとはどのようなものであるのか、そしてどのような効果があるのか、またどのような課題があるのかをまず知ってもらう。その上でディスカッション。対象となる院生は基本的に心理の学生、他に看護師の学生。胃ろうの劇的な効果とともに、そもそも子どもを対象にして始まった胃ろうが、高齢者、特に認知症高齢者へと使われている実態も含め、その技術がいわば一人歩きしてしまう部分についても議論は深まる。結局は人が生きる意味とは何かに行き着く。また胃ろう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/07/26 16:44

トップへ | みんなの「福祉」ブログ

日々の記録とひとりごと 福祉のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる