日々の記録とひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 社会構造や社会理論を考えるために

<<   作成日時 : 2017/10/12 13:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

会議の合間に次年度に向けての構想中。対人援助に特化した大学構成ということで、どうしてもマクロの部分が弱い。一応学部は社会学だったので(院は社会福祉学)、マクロな社会を自分自身に引きつけて考える授業を展開しないと非常にやばい、という感覚に陥っている。社会問題についてはこれまでも授業で展開しているが、問題という表層を知ることや、それに対するミクロ・メゾな対応を考えるだけではなく、社会の成り立ちに関する理論や視点をベースにマクロを知り、考える授業の構想を検討中。自分が大学1回生の時は、デュルケームの「自殺論」がテキストだったけど・・(当時の教授から、君たちはサルトルも読んでないのかと言われたことが記憶に残っている)。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社会構造や社会理論を考えるために 日々の記録とひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる