日々の記録とひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 特別支援教育の授業・歴史を伝えるということ

<<   作成日時 : 2017/10/10 14:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は1限が特別支援教育の授業、肢体不自由児教育を担当中。今日の授業では肢体不自由児教育の歴史。戦前からずっと追ってきたけど、やはり重要なポイントとなるのは1979年の養護学校教育義務化。これに対する反対運動の説明もするが、なかなかピンとこないよう。やはり当時の社会背景もあるし、青い芝の会などの運動などへの知識も必要だし、そのあたりがほとんど入っていない中では理解は難しい。しかし、養護学校教育義務化の問題は、現在にも引き継がれている話なので、特別支援の教員を目指す学生にとっては重要なポイント。一度、川崎バスジャック事件とかをきちんと取り上げた方がいいのかも知れない。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
特別支援教育の授業・歴史を伝えるということ 日々の記録とひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる